まさずみ-活動トピックス

【中日スポーツ】田母神俊雄さん、生活維持に共働きが「必須」になった時代の変化嘆く「女性がみんな働けば少子化も加速」との私見に同意の声あいつぐ/2023.10.27***

(N)2023.10.30

この世代の男性全ての話ではなく「たもがみ氏」の個人的かつ独自のご意見だと思います。
こういった記事は、購読数が伸びるのかもしれませんが、若い世代の方たちへは、これがこの世代の考え方だと勘違いしないようにしてほしいと思います。

「女性参政権」
昭和21年4月10日、戦後初めての衆議院議員総選挙が行われ、約1,380万人の女性が初めて投票し、39名の女性国会議員が誕生しました。
「男女雇用機会均等法」
男女雇用機会均等法とは、雇用における機会などを性別の差別なく確保することを目的として定められた法律のこと。通称を、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」といい、1985年に制定され、翌1986年に施行されました。(1972年に制定された「勤労婦人福祉法」です。高度経済成長期、女性の社会進出の機会が増加したにもかかわらず差別的な扱いを受けていた点を背景に、能力を十分に発揮できる環境の整備が求められ、法整備が進みました。)

業種に限らずあらゆる面で今後ますます女性の社会参加は進んでいくと予想されます。
積極的に社会参加し、自分の存在意義を社会参加し労働することによって「自由で幸せな生き甲斐」を手に入れておられる女性はとても大勢いらっしゃいます。
これからの「未来」を創る若い方たちには、こういった一部のたもがみ氏のような意見にも敬意をもって接しながら、「過去に学んで未来を創ってほしい」と願っています。

お互いの価値観を認め合い助け合いながら共存共栄をすすめ、社会全体で知恵を出し合いながら「あらたな社会と文化をみんなで創る」ことがとても大事なことだと考えます。
今後も「平和」を維持しながら、より良き未来を創るためにも政治に対して少しでも興味をもって参加してほしいと心より願っています。

(N)2023.10.30


【中日スポーツ】

2023.10.27

中日スポーツ


共同通信社

米海軍トップに初の女性 上院承認、大統領に助言

海軍制服組トップの作戦部長の人事が承認されたリサ・フランケティ氏(国防総省提供・ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米上院は2日、海軍制服組トップの作戦部長に初の女性としてリサ・フランケティ作戦副部長を充てる人事を承認した。作戦部長は大統領に軍事戦略を助言する統合参謀本部の一員で、女性が同本部メンバーとなるのも初めて。空軍制服組トップの参謀総長にデービッド・アルビン副参謀総長を充てる人事も承認した。

 空海両軍の制服組トップは空席が続いていた。共和党のタバービル上院議員が、人工妊娠中絶を選ぶ米兵の権利を擁護するバイデン政権の施策に反対し、人事案の承認手続きを拒否。米軍高官人事の大半は全会一致でまとめて承認するのが通例だが、タバービル氏の反対で一括承認ができていない。今回は1人ずつ承認手続きを取る形となった。国防総省によると、現在も人事案約370件が停滞しており、1件ずつ承認すると膨大な時間がかかる。

 上院は2日、在日米軍副司令官も務めたクリストファー・マホーニー中将の海兵隊副司令官就任を承認した。

© 一般社団法人共同通信社


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP