活動トピックス, etc.

教 育

公教育の現場は慢性的に教職員、特に教員は不足している*

一昨年、昨年と我が子が通う小学校のPTA会長を務めましたが、その経験から言えることは、公教育の現場は慢性的に教職員、特に教員は不足しているということ。
国の議論は、49000人減らせると主張する財務省にたいして、発達支援教育をはじめとする課題にこまめに対応するためには、15000人減に留めるべきとする文科省が反論を展開している。
無い袖は触れないのだから、学校は統廃合して教職員も減らすべきなのか。
少子化だからこそ細やかな教育が施せるように、教育予算には特に配慮すべきなのか。

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP