活動トピックス, etc.

まちづくり

行政は市民や街のためにあるという原点からどうあるべきか*

先日行われた福山市長選挙でも、各候補者から改革の必要が訴えられました。
一口に改革、といってもその内容は様々です。人件費や不要な事業を削る事を改革と言う場合もあり、また働き方や組織の在り方、市民と行政の関係をよりこれまで以上に蜜にして、より身軽にコラボ出来るようにしていくことを指して言う場合もあります。
要は 、行政は市民や街のためにあるという原点からどうあるべきかだと、この度の選挙を通じてあらためて感じています。

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP