重要情報

更新【gendai】ノーベル経済学賞「有力日本人候補」が、日銀・植田総裁に噛みついた!いったい何があったのか…?/2023.06.15**

(N)2023.10.30

日本は「だるま状態」になっていると世界に見透かされてしまっているようです。
「後の先」とばかりに打ち出す金融政策は、ことごとく打ち砕かれ手も足も出せない最悪の状態に入ってきているように見えます。
この苦難を乗り切るには禁じ手しか残らなくなりそうですが、どれだけ時間稼ぎが出来るのでしょうか?
残された時間はそれほどもないと感じます。
アメリカはともかく、欧州、日本といった資源の乏しい国々は今後想像もしなかった試練を迎えるでしょう。
個人レベルでの生活防衛のキーワードは「貨幣経済に頼りすぎない」ということになるのでしょうか。
(N)2023.10.30


日銀・植田総裁、長期金利「1%超」で「柔軟性を高めておくことが適当と判断」…金融緩和は「粘り強く続ける」

配信読売新聞オンライン

金融政策決定会合後、記者会見する日銀の植田和男総裁(31日午後、日銀本店で)=池谷美帆撮影


【gendai】

2023.06.15

「大規模緩和」をどうする?

今日(6月15日)から2日間にわたって行われる日銀政策決定会合だが、マーケットは概ね「大規模緩和の継続」を予想している。

筆者もその見通しには同意するが、ちょうどひと月前の政府・経済財政諮問会議で今後の植田和男日本銀行総裁の政策に大きな影響を与えるのではないかと感じるやり取りがあった。

すでに為替相場は1ドル140円に定着しつつある。秋口に収束すると見られていた日本のインフレは、年末にかけても3%台という高水準を維持するという懸念が高まっている。

日本銀行では、今日(6月15日)から2日間、政策決定会合が行われている

国民が日々、値上がりする食料品や生活必需品に恐々とするなか、経済財政諮問会議でのやり取りは、植田総裁の心中を大きく揺さぶったに違いない。

その中身を詳しくお伝えしていこう。

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ