重要情報

【visualcap.】1分で分かる3 つの異なるタイプのインフレを視覚化する(2022.6.16)**

【visualcap.】

2022 年 6 月 16 日

3種類のインフレを可視化

価格が40年ぶりの高値に達する中、インフレがニュースを独占している。

食料やエネルギーを含む日用品の価格が最も広く引用されるインフレのタイプですが、より広範な経済システムには他の形態も存在します。

このNew York Life Investmentsの Markets in a Minute では、3 つのタイプのインフレと、それぞれのタイプに影響を与えるマクロ経済要因を図表にまとめています。

1. 通貨インフレ

通貨インフレは、米国の通貨供給量が時間の経過とともに増加するときに発生します。これは、現金、当座預金口座、マネーマーケットミューチュアルファンドなど、経済内で流通する物理的なお金とデジタルマネーの両方を表します。

米国の中央銀行は通常、紙幣を印刷したり、債券を購入したり、銀行の準備金要件を変更したりすることで、マネーサプライに影響を与えます。中央銀行は、景気を刺激したり、インフレを抑えて物価を安定させたりするために、通貨の供給量を制御します。

新型コロナウイルス感染症危機への対応として、2020年から2021年にかけてマネーサプライは約25%増加し、歴史的な記録となった。それ以来、経済に力強さの兆しが見えてきたため、 FRBは債券買い入れの縮小を開始した。

 

M2マネーストックで示されます。
※データは2022年4月現在のものです。

理論的には、特に貨幣の速度(お金のやり取りの速度)が速い場合、実質生産の伸びよりも速く貨幣供給量を増加させると、消費者物価のインフレを引き起こす可能性があることは注目に値します。その理由は、同じ数の商品を追いかけるお金が増え、最終的には物価の上昇につながるからです。

2. 消費者物価の上昇

消費者物価のインフレは、商品やサービスの価格が上昇するときに発生します。通常、消費者物価指数 (CPI) によって測定されます。CPI は、食品、衣類、住居などの商品の平均価格上昇率を示します。

サプライチェーンの問題、地政学的な出来事、通貨供給、消費者の需要はすべて、消費者物価のインフレに影響を与える可能性があります。

5月のCPIは前年同月比8.6%上昇し、40年ぶりの高水準を記録した。ロシアのウクライナ侵攻と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、石油から小麦に至るサプライチェーンに大規模な混乱を引き起こし、世界中で価格圧力の増大につながっている。

 

※2022年のデータは2021年5月から2022年5月までの前年比を示しています。

消費者物価のインフレが過熱しすぎると、中央銀行は支出を抑制し、物価を落ち着かせるために金利を引き上げる可能性がある。

3. 資産価格のインフレ

最後に、資産価格インフレは、株式、債券、不動産、その他の金融資産の時間の経過に伴う価格の上昇を表します。資産価格のインフレを示す方法は数多くありますが、ここでは家計の純資産を GDP の割合として使用します。

多くの場合、低金利環境は資産価格にとって好ましい環境を生み出します。これは、資産価格の上昇と強い投資家信頼感によって低い借入コストが満たされたことから、過去 10 年間に見られるものです。 2021年、 GDPに占める家計の純資産の割合は620%となった

 

実効フェデラル・ファンド・レートで示される金利

実質生産が生み出されていないため、資産価格の上昇が経済強化の誤解を招く兆候である場合があります。むしろ、これは資産バブルを示している可能性があります。

インフレの種類があなたに与える影響

金融インフレにより、企業や消費者が自由に使えるお金が増えるため、需要が高まり、経済全体のインフレがさらに高まる可能性があります。

ただし、これが消費者物価のインフレにどの程度影響するかは不透明な可能性がある。過去 10 年間、マネーサプライは増大しましたが、消費者物価のインフレは比較的安定していました。むしろ、新型コロナウイルス感染症とウクライナ侵攻に見られる供給ショックが、より即時的な影響を及ぼした。このような商品の希少性の影響で、価格は需要に対してより敏感になっています。これは、ガソリン価格が過去最高値を記録していることからもわかります。

資産価格のインフレに関しては、通貨供給量の大幅な増加と低金利が、その他の変数の中でも特に資産価格の上昇の要因である可能性があります。しかし、FRBが金融政策に関してよりタカ派的な姿勢をとっているため、資産価格のインフレの先行きはまだ分からない。


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ