ニュース

【buzzfeed】「大人は灯油缶、背負うんですか?」ランドセルを軽くするアイデア商品に批判殺到→小学生の反論がキレキレ【2022年回顧】/公開 2023年1月1日

公開 2023年1月1日

【buzzfeed.com】

小学生が発明したランドセルの重さを軽減するアイデア商品に、まさかの大人からの批判が殺到!? 全力の反論がキレキレすぎます。

2022年にBuzzFeed Newsで反響の大きかった記事をご紹介しています。(初出:6月3日)


ランドセルの重さ、体感90%軽減します――。2022年4月に発売した、小学生による小学生のための発明品「さんぽセル」

近年、小学生が使う教科書や資料集が増加・大型化し、それらを持ち運ぶランドセルの重さも問題となっています。

小学1年生の平均体重が20キロのところ、通学時のランドセルの重さは6キロにもなると言われ、成長期に与える健康被害も懸念されています。

60キロの大人に換算すると、18キロの荷物を毎日背負わされているような状態です。

開発元の「悟空のきもちTHE LABO」によると、さんぽセルのアイデアを生み出したのは、自分たちも重いランドセルに苦しむ栃木県の小学生たち。

彼らのアイデアのもと、医学生や、自転車の安全部品を製造する企業が協力し、実際に小学生に使ってもらう耐久テストを経て製品化しました。

4月に発売するやいなや大きな話題となり、注文が殺到。現在3ヶ月待ちとなっています。

ところが、ヤフーニュースでこの商品について伝えた記事のコメント欄では「ランドセルは背負うもの」「そんな使い方はいかがなものか」と考える大人たちからの批判コメントが1000件以上寄せられる事態に。

小学生たちはその状況を「さんぽセル事件」と呼んで憤慨。的外れな批判に、徹底反論しています。

子どものことよくわかってなかったら、ごめんなさい。

僕たちは、それを解決しようとしてるんです。心配する方向が反対です!

なんで、キャリーを持ったまま転ぶって思うの?ふつう手をはなします。

20キロの灯油缶を背負って、毎日30分歩いて、両手が空いているから安全ですって先生やおとなが笑って自慢したらゆるします。きっと地獄です。

2つのタイヤだけでどうやって坂道を転がすの??

そんなことできないように考えてるんですよ。ちゃんと見て文句言ってよ!

そもそもランドセルが重いから後ろに転ぶんじゃん!

おとなも灯油缶を満タンで背負ってみてよ!ぜったい後ろに転ぶよ!

そんなに安全なら、学校終わったあとも、休みの日もランドセル背負わないと外に遊びに行っちゃだめ!って、なんで言わないの?

自由に走れるから遊んで道路に飛び出して危ない目になるんじゃん。

摩訶不思議な子供のうごきに対応したら、危ないじゃん!

通学で走れないって、むしろちょー安全じゃん!

灯油缶を、いまも毎日背負ってる大人のひとがいうなら許します。

もし灯油缶を遠くに運ぶなら、大人はみんな軟弱にならないよう背負いますか?

きっとタイヤで運ぶと思う。おなじだよ!

そういうときのために、もとはランドセルなんだから、そのまま背負えばいいじゃん!

いつでも、すぐそれができるように作ってます。ちゃんと考えて文句言ってよ。

手を放してランドセル置いて逃げたらむしろ速いじゃん!

重いランドセル背負ったまま逃げるほうが、だいぶ遅いよ。

防犯ブザーをポケットに入れたりネックレスにしたりすればいいじゃん!

ランドセル置いて逃げられて身軽だし、いまより速く逃げられます。

「友達に配りまくる」資金を募集中

批判に負けず「さんぽセル」のムーブメントをより広げるため、クラウドファンディングをスタート。

購入した小学生向けに、「さんぽセル愛用者が友達に配りまくる資金」とするほか、児童の健康を目指す団体などを通じて希望する児童に寄贈します。


福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP