ニュース

【ナゾロジー】SFファン待望の技術! ホログラムで「宇宙ステーションとの通信」に成功!

【ナゾロジー】

2022.04.19

Sci-Fi fans, rejoice! NASA “holoported” a doctor to the International Space Stationhttps://www.zmescience.com/science/news-science/nasa-holoported-doctor-iss-18042022/Innovative 3D Telemedicine to Help Keep Astronauts Healthyhttps://www.nasa.gov/feature/innovative-3d-telemedicine-to-help-keep-astronauts-healthy

皆さんは「ホロポーテーション(Holoportation)」という技術をご存知でしょうか。

これは、その名の通り、「ホログラム」と「テレポーテーション」を合体させたような技術で、人物の3D映像をリアルタイムで遠隔地に転送することができます。

2016年に開発されたホロポーテーションは、まさにSFファンが長年待ち望んでいた技術です。

そしてこのほど、史上初となる地球から宇宙空間へのホロポーテーションに成功したことが、NASA(アメリカ航空宇宙局)により報告されました。

ついに人類のホログラムは、地球外へと進出するようです。

人物を遠隔地に転送する「ホロポーテーション 」とは

ホロポーテーションは、2016年、米国のMSR(マイクロソフトリサーチ)に属するインタラクティブ3Dテクノロジーズにより開発されました。

この技術は、カメラを通して人物の高品質な3Dモデルを生成し、圧縮して、リアルタイムでどこでもライブ配信できるキャプチャ技術です。

テレポートのように、相手の3D映像を遠隔地から呼び寄せて、空間を超えたコミュニケーションが可能となります。

3Dで再現された人物を見るには、「HoloLens」というAR(拡張現実)ゴーグルを使います。

ARゴーグルは、仮想世界だけを見るVRゴーグルとは違い、現実と仮想がオーバーラップした世界を見ることができます。

そのため、遠隔地にいる相手が、まるで自分と同じ部屋にいるかのような感覚を得られるのです。

別空間にいる女の子がまるで目の前にいるかのよう
別空間にいる女の子がまるで目の前にいるかのよう / Credit: I3D Past Projects – Microsoft Research(youtube,2016)

初となる宇宙へのホログラム転送に成功

NASAは数年前からホロポーテーションに注目しており、ISS(国際宇宙ステーション)にいるクルーとの連絡に使えないか、検討していました。

そして2021年10月8日、パートナー企業のAEXA Aerospaceと協力し、ついにISSへのホログラムの転送が実現したのです。

地球から宇宙へ「ホロポート」した初の人類は、NASAのフライト・サージャンを務めるジョセフ・シュミット(Josef Schmid)氏と、AEXA AerospaceのCEOフェルナンド・デ・ラ・ペナ・ルラカ(Fernando De La Pena Llaca)氏、それにAEXAの研究チームです。

(フライト・サージャン:航空宇宙医学の知識を持ち、宇宙飛行士の健康管理に携わる専門医のこと)

シュミット氏(中央)とAEXAのチーム
シュミット氏(中央)とAEXAのチーム / Credit: NASA – Innovative 3D Telemedicine to Help Keep Astronauts Healthy(2022)

ISSで対応したのは、ESA(欧州宇宙機関)の宇宙飛行士であるトマ・ペスケ(Thomas Pesquet)氏です。

ペスケ氏は、2021年に、フランス人初となるISSの船長に就任しています。

氏は今回、マイクロソフト社のHololensとAEXA社のカスタムソフトウェアを搭載したパソコンを使い、ホログラムとのリアルタイムでの会話に成功しました。

シュミット氏は「これは、遠距離にいる人同士のまったく新しいコミュニケーション・ツールとなる」と指摘。

「私たちの肉体はそこにありませんが、私たちの存在は確かにあります。

ISSは、地球の上空約400キロを時速2万8000キロで移動していますが、ホロポーテーションのシステムさえ起動していれば、私たちはいつでもその場所に行けるのです

では、ホロポーテーションは、具体的にどんな使い途が計画されているのでしょうか?

地上の専門家や著名人をISSに転送する

NASAは、将来のミッションでより広範囲にホロポーテーションを利用するための先駆けとして、今回の新たな通信形態のデモンストレーションを行いました。

次に計画されているのは、地球上の人物をホロポートすると同時に、ISSのクルーも地球にホロポートする、双方向のコミュニケーションです。

シュミット氏は「クルーの健康診断や医学的な会議、それに地上にいる家族とのふれあいや、VIPを宇宙ステーションに転送してクルーと面会させるために使う予定」と話します。

ISSにホロポートされたシュミット氏
ISSにホロポートされたシュミット氏 / Credit: NASA – Innovative 3D Telemedicine to Help Keep Astronauts Healthy(2022)

また、ホロポーテーションと拡張現実(AR)を組み合わせた、遠隔での技術的アドバイスへの応用も期待されます。

特に、ISSの設備が故障した場合、実際の設計者や修理のエキスパートが、その場に居合わせるわけではありません。

しかし、ホロポーテーションとARを使えば、専門家が地上にいながら、複雑な作業手順をクルーの側で指南することができます。

また、ホロポーテーションは、地球上でも幅広く応用可能です。

極地や戦場、医療現場、海底の石油掘削など、極限的な環境に専門家をホログラムで飛ばすことができます。

たとえば、爆弾解除でも、エキスパートがすぐ横から「それじゃない、上から2番目のコードを切れ!」とアドバイスをくれたら安心できますよね。

ホロポーテーションは、物理的な距離や環境を超えて、人と人をつなぐ革新的な技術となるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP