ブログ記事

【広島県FB】【食中毒予防の3原則できていますか?】

【食中毒予防の3原則できていますか】
高温多湿となる夏場は、カンピロバクターなどの細菌を原因とする食中毒が最も発生しやすい時期です。
食中毒は飲食店などだけではなく、家庭においても発生していますので、予防3原則を守って食品の取扱いに注意し、食中毒を防ぎましょう。
原則1.菌をつけない(丁寧な手洗いや、調理器具類の洗浄・消毒)
原則2.菌を増やさない(食品の適切な温度管理)
原則3.菌をやっつける(中心部までの十分な加熱)

食中毒に関するご相談やお問い合わせは、管轄の保健所まで。
.

 

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP