ニュース

【TSS】【会見全文】カープ新井貴浩新監督「選手全員に期待している」就任会見/2022年10月12日

【TSS】

2022年10月12日

【カープ・新井貴浩 新監督】
「みなさんこんにちは。来シーズンからカープの指揮とることになりました。新井です。よろしくお願いいたします」

Q就任会見の日を迎えた、今の心境について

「マツダスタジアムに入った、その瞬間からすこしドキドキワクワクという気持ちになった」

Qいつごろ監督就任の打診を受けたか、また話を受けてから就任を決断するまでどれくらいかかった?

「順位が決まったあたりに打診をいただいた。そこから話をいただいて、正直驚いた。私自身一回、カープをでているので、球団から戻ってこいと言われて、3連覇もさせてもらって、球団には大きな恩をいただいているので、私には選択肢はなかった」

Q将来のカープのことも考えて2018年に引退を決断した。解説者という立場から、この4年間のカープはどのように見えていたか。

「もちろん一緒にプレーした仲間もいるし、新しく入った選手もいるが、外から見ていて楽しみなチームだと見えていた。若手にしてもまだまだできるなと感じていた」

Qどんなチームを目指したい?

「強いチームは当たり前だが、ファンの方々が見ていてワクワクするチームにしたい」

Qコーチなどを経ずに監督就任となるとカープでは野村謙二郎さん以来、プレッシャーは?

「もちろんある。もちろんあるが、そのあたりの覚悟はできている」

Q理想の監督像は?
「まさにその質問が来ると思っていたが、自分で考えてみても理想の監督像はピンとこない。自分らしくというか、肩肘張らずにやっていく中で、気づいていたら理想の監督になっていたという、それはみなさんが評価してくださることだと思っている」

Qチームは3連覇後、4年連続のBクラス。どのくらいの期間で、どんな成果を出すかというビジョンは?

「なかなか難しい質問。今を精一杯戦うのは基本だが、中期・長期を見据えながら指揮をしていかないといけない。基本的には1試合1試合の積み重ね。選手には目の前の試合を全力で頑張ってくれと言いたいし、それをマネジメントするのが私であり、コーチだと思っている」

Q現役時代に一番お世話になった存在と言っても過言ではない山本浩二さんとは何かお話しされたか。もし話していれば、どんな話を?

「もちろん浩二さんには一番最初に電話をした。大変じゃけど頑張れよ。何かあれば相談にのるからと言われた」

Q現役時代を共にした選手から今も非常に慕われていて、距離も近かった。監督という立場になって、どのような関わり方をしていこうと考えているか。

「一緒に現役でプレーした選手もたくさんいるし、彼らは自分が現役の時にどのような考えでどのようにプレーしてきたかっていうのを、一番間近で見てきてくれていると思う。なので、たぶん厳しいぞと思っているのではないか」

Q期待している若手選手は?

「若手選手全員に期待している。名前とか、1軍・2軍、野手も投手も関係なく、フラットな目で見たい」

Qコーチとも密にコミュニケーションをとりながらの指揮になると思うが、コーチ陣に求めたいことは?

「私もそうだが、勝つためにどうしたらいいかを優先順位の一番として考えてほしい。起用とか采配とかあるが、まずは一番に考えてほしい」

Qドラフト会議が来週に控えているが、出席されるのかどうか。競合した場合の抽選は新井監督自身がされるのか?

「ドラフトは出席する。競合したら私がくじをひくが、競合しないことを祈っている」

Q早い復帰に喜んでいるファンも多いが、再びユニフォームへ袖を通すことになったのは
自分のイメージより早かった?

「そもそも(監督になると)想定していなかったので、全部のことに驚いている」

Q監督として、選手たちに伝えていきたいこと。選手たちにどんなビジョンを持ってほしいと考えているか。

「とにかく私自身も勝ちたいし、勝つために今の自分で何ができるかを常に考えてほしい。自分も勝つために何がベストかを1年単位ではなしに、中長期的なビジョンを頭に入れてやっていきたい」

Qカープファンにメッセージ

「カープファンのみなさんへ。マツダスタジアムを真っ赤に染めてほしい。そして、選手に力をほしい。私たちはみなさんを喜ばし、気持ちを真っ赤にもえさせるように頑張っていきたい」

Q練習について

「カープは猛練習が伝統になるので、量も質も追いかけていきたい。寝ていては上手くならないので、しっかりたっぷり汗を流してほしい」

Q合流時期について

「今すぐにでも練習に参加したいが、スケジュールもあるので、できる限りはやくみんなとコミュニケーションをとりたい」

Q同じ県工OBの高津監督がいる。どういう存在?どうやって勝っていく?

「広島の同じ高校からセ・リーグの2つの球団に監督がいるのは珍しいこと。高津さんは連覇しているし、ヤクルトは若手とベテランとバランスの良いチーム。どう勝っていくかはこれから考える。高津さんは高校の先輩なのでアドバイスいただきたい」

Q3連覇の強さ取り戻すには

「まずは若手の底上げ。力をつけさせること。3連覇したときは若手・中堅・ベテラン・外国人のバランスがとても良かったので、それを大事にしていきたい。投打やシーズンの調子など、1試合1試合など全てにおいていえること。そういったことを念頭にいれてピッチャーの起用や采配であったり、そういうものもやっていきたい。目の前の試合は全力で戦うが、同時に中長期的なビジョンをもって戦いたい」

Q今日のネクタイについて

「自分で選んだ。小さいころからカープファンだったので、今日も赤」

Q今のチームの強みと弱みは? 機動力野球が伝統だが、どういう野球をしたい?

「強みは投手も野手もポテンシャルの高い選手が多い。弱点は伝統であるグランドを走り回る野球ができていなかった。足の速い遅い、盗塁の技術ではなく、走塁の意識と打つ方で相手にプレッシャーをかけていきたい」

Q背番号は?

「球団からは背番号、何番がほしいかと聞かれて、15番がほしいと言ったんですが」(会場笑い)「鈴木本部長が(黒田氏)本人に言ってくれと言われたので、私はじかには怖くて言えないので、まだ何番か決まっていません(笑顔)」


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP