ニュース

【中国新聞】【駅伝】箱根予選会2位の明大に世羅高出身の2人 2年新谷「貢献できた」1年森下「後半落ちた」/2022.10.15

【中国新聞】

2022.10.15

予選会でチーム4番手の66位だった明大の新谷

 【箱根駅伝予選会・15日】

 2位で来年1月の本大会出場を決めた明大は、全国高校駅伝で2連覇した広島・世羅高出身の新谷紘ノ介、森下翔太の2選手が出場した。

 43大学、505人がハーフマラソンに出場。上位10人の合計タイムで競った。チーム4番手の66位だった2年の新谷は「昨年は(10番手以下で)チームの力になれなかった。今年は貢献することができ、自分の成長を感じられた」と笑顔を見せた。

 昨年の都大路で1区区間賞に輝いた1年森下は、330位でチーム10番手に入れなかった。「後半におなかが痛くなった。ペースを落とすしかなかった」と唇をかむ。新谷は1年前を振り返りながら「(森下の)気持ちは良く分かる。力はあるし、自信もあるはず。悔しさを糧に、一緒に箱根で頑張りたい」と後輩を思いやった。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP