ニュース

インド真の独立宣言か【ロイター】インド、国名を「バーラト」と表記 G20晩餐会招待状が物議/2023年9月6日

(N)2023.9.6
インドはすでにイギリスを追い抜き世界第5位の経済大国となっています。
1947年8月15日までイギリスによる植民地支配が200年続きましたが、それも過去の話となりました。



【ロイター】

2023年9月6日

 今週末に20カ国・地域(G20)首脳会議を開催するインドのムルム大統領が、晩餐会の招待状で自身を「インド大統領」ではなく「バーラト大統領」と呼んだことが物議を醸している。ニューデリーで先月撮影(2023年 ロイター/ADNAN ABIDI)

[ニューデリー 5日 ロイター] – 今週末に20カ国・地域(G20)首脳会議を開催するインドのムルム大統領が、晩餐会の招待状で自身を「インド大統領」ではなく「バーラト大統領」と呼んだことが物議を醸している。

インドの言語ではバーラトやバーラタ、ヒンドゥスタンといった植民地支配以前の呼称が官民で使用されているが、政府高官は通常、英語でのコミュニケーションにインドを使ってきた。

しかし、モディ首相率いるインド人民党(BJP)政権は、奴隷制の精神から脱却するとして植民地時代のインドという呼称を変更しようとしている。

ラジーブ・チャンドラセカール電子情報技術担当相は「わが国の名前はバーラトで疑う余地はない」と指摘。また、与党に近いヒンドゥー教団体も、G20首脳会議が植民地時代の荷物を捨てる絶好の機会だと訴えている。

一方、野党側は変更に批判的で、ある議員は「何世紀にもわたり築き上げてきた計り知れないブランド価値を持つインドを完全に捨ててしまうような愚行をしないよう望む」と交流サイトに投稿した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」


【アルジャジーラ】

2023 年 9 月 5 日

インドのモディ政権、G20夕食会招待で国名をバーラトに置き換え

政府は今週のサミット出席者に送る夕食会の招待状の中でインドをサンスクリット語に置き換え、大騒ぎを引き起こした。

インド大統領から G20 代表者に送られた夕食会招待状のスクリーンキャプチャ [X/@ShachiTharoor]

ナレンドラ・モディ首相率いる政府は、今週開催される20カ国・地域(G20)首脳会議出席者に送る夕食会の招待状の中で、インドという国名をサンスクリット語に置き換えたことで、国名が正式に変更されるのではないかとの憶測が広がっている。

火曜日にG20出席者に送られた招待状の中で、ドルーパディ・ムルム氏は「インド大統領」ではなく「バーラト大統領」と呼ばれている。

インドは土曜と日曜にニューデリーで年次G20首脳会議を主催する。ジョー・バイデン米国大統領やエマニュエル・マクロンフランス大統領を含む多くの世界の指導者が出席する。

人口 14 億人を超えるこの国は、正式にはインドとバーラトという 2 つの名前で知られていますが、国内でも海外でも前者が最も一般的に使用されています。ヒンドゥスタンは国家を表す別の言葉で、文学やその他の大衆文化の形式でよく使用されます。

バーラトは古代サンスクリット語であり、多くの歴史家は初期のヒンズー教の文書にまで遡ると考えています。この単語は、インドのヒンディー語の選択肢としても使用されます。

モディ首相率いる右派インド人民党(BJP)の関係者らは、名称変更を支持している。彼らは、インドという名前はイギリス植民地によって導入されたものであり、「奴隷制の象徴」であると主張している。イギリスは、1947 年にインドが独立するまで、約 200 年間インドを統治しました。

BJPは長い間、インドのムガール帝国と植民地時代の過去に関連する名前を抹消しようとしてきた。政府は、憲法上非宗教的なインドからヒンズー教民族国家を樹立することを目的とした国家主義的な政策を追求していると非難されている。

2015年、ムガール帝国の王にちなんで名付けられたニューデリーの有名なアウラングゼブ通りは、モディ党指導者の抗議を受けて、APJアブドゥル・カラム博士通りに変更された。

政府は昨年、ニューデリー中心部にある儀式用の軍事パレードに使用される植民地時代の大通りの名前も変更した。

モディ政権は、改名はインドのヒンズー教の過去を取り戻す取り組みであると述べている。

ウッタラーカンド州選出トップのプシュカル・シン・ダミ氏は、「奴隷制度の考え方に新たな打撃が加わった」とX番組で述べた。インド人民党党首のダミ氏は、自身の投稿でG20夕食会への招待状を共有した。

しかし、インドの野党は政府の動きを批判した。

「ラッシュトラパティ・バワン(大統領府)は、通常の『インド大統領』ではなく『バーラト大統領』の名で9月9日のG20夕食会への招待状を送った」と主要野党のジャイラム・ラメシュ党首は述べた。インド国民会議は火曜日、以前はツイッターとして知られていたXにこう書いた。

「さて、憲法の第 1 条には、『バーラト、つまりインドは国家連合となる』と読むことができる。しかし今、この『国家連合』さえも攻撃にさらされている」と彼は付け加えた。

議会議員のシャシ・タルール氏は、インド人は「歴史をしのばせる名前、世界中で認知されている名前に対する主張を放棄するのではなく、両方の言葉を使い続けるべきだ」と述べた。

「国の2つの正式名称のうちの1つであるインドを『バーラト』と呼ぶことに憲法上の異議はないが、政府が長年にわたって築き上げてきた計り知れないブランド価値を持つ『インド』を完全に廃止するほど愚かなことはしないことを望む」何世紀にもわたって」と彼はXに投稿した。

BJPのジャガット・プラカシュ・ナッダ大統領は国民会議派を非難した。

「なぜ議会は国の名誉と誇りに関わるあらゆる議題にこれほど反対するのでしょうか?」彼はXに「議会が国も憲法も憲法上の制度も尊重していないことは明らかだ」と投稿した。

「インド」対「バーラト」をめぐる論争は、7月に野党が2024年の国政選挙でモディ氏の失脚と同党の打倒を目的とした新たな同盟(インド国民開発包括同盟(INDIA))を発表して以来、本格化している。

それ以来、モディ党の一部の当局者は、この国をインドではなくバーラトと呼ぶよう要求している。

インドの多くのメディアは火曜日、関係者の話として、政府が今月の特別議会でその趣旨の決議を提出する可能性があると報じた。

しかし、政府は9月18─22日に開催されるセッションの議題を明らかにしていない。

出典:アルジャジーラおよび通信社

 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ