ニュース

【くるまのニュース】なにそれ…? 全国で見かける「謎の!マーク」どんな意味? 何を気をつけるの? 珍しい標識とは/2023.08.30

【くるまのニュース】

2023.08.30

珍しい道路標識として「!(ビックリマーク)」が挙げられます。どんな意味があるのでしょうか。

「!(ビックリマーク)」の標識ってどんな意味?

全国各地には珍しい道路標識が存在します。

なかでも「!(ビックリマーク)」が印象的な標識が度々注目されていますがどんな意味があるのでしょうか。

新潟県村上市羽黒町にある「!(ビックリマーク)」の標識は何を意味しているのか?(画像提供:村上地域振興局 地域振興担当/編集部で一部加工)

道路上には「一時停止」や「横断歩道」などのようにさまざまな道路標識が設置されていますが、中にはあまり見かけない標識も存在します。

前述の「!」が示す標識に関しては、全国的にも設置されている場所が限られるため、インターネットやSNSでは「心霊スポットに設置される」と噂されています。

そんな「!」について、新潟県のホームページ内にある「むらかみ・いわふね珍風景」では新潟県村上市羽黒町の市道に立つ同標識について紹介しています。

実はビックリマークの道路標識は黄色のひし形にイラストが描かれた「警戒標識」のひとつであり、「その他の危険」をあらわしています。

国土交通省のホームページでは、この標識の意味について「この先で車両の運転上注意が必要であることを指します」とした上で、必要に応じて補助標識を組み合わせて設置することが掲載されています。

また以前の取材で国土交通省自動車局の担当者は次のように話していました。

「その他の警戒標識では表現することのできない警戒事項を表しています。

『その他の危険』を使用するときとしては、『路肩が弱い』『道路を塗装したばかり』といった状況が挙げられます」。

つまり道路の状況によっては、ビックリマークの標識の下に「路肩弱し」や「この先行き止まり」、「この先大型車通り抜け出来ません」などの補助標識が付くこともあります。

前述の新潟県村上市羽黒町の警戒標識には補助標識がなく、一見何に注意すれば良いのか分かりにくい状況です。

この場所は、道路が左カーブを主としたT字路であり、下り坂からの急カーブと、合流してくるクルマに注意という意味で設置されています。

のちに交差点が改良されて信号機ができましたが、引き続き安全運転を呼びかけるために標識は設置されたままになっています。

「その他の危険」の標識は各地に存在するものの、他の標識と比べて設置数が少なく、SNS上でも「初めて見た」、「知ってはいるけど実際に見たことがない」という声が多く寄せられています。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ