ニュース

【ナゾロジー】アルツハイマー病の原因物質の蓄積を「エスプレッソ」が阻害できると判明!/2023.07.25

【ナゾロジー】

2023.07.25

アルツハイマー病は、神経細胞が死んでいくことで記憶力や思考力を失っていく進行性の脳疾患です。

世界にはすでに5700万人を超える患者がおり、高齢化社会の波とともに更なる増加が懸念されています。

そんな中、伊ヴェローナ大学(University of Verona)の研究チームは、エスプレッソに含まれる化合物がアルツハイマーの発症原因の一つとされる「タウタンパク質の凝集」を阻害できることを発見しました。

エスプレッソを飲むことがアルツハイマー病の予防になるかもしれません。

研究の詳細は、2023年7月19日付で学術誌『Journal of Agricultural and Food Chemistry』に掲載されています。

Espresso can prevent Alzheimer’s protein clumping in lab testshttps://www.acs.org/pressroom/presspacs/2023/july/espresso-can-prevent-alzheimers-protein-clumping-in-lab-tests.htmlItalian Study Shows How Espressos Keep Alzheimer’s Protein Clumps In Checkhttps://www.sciencealert.com/italian-study-shows-how-espressos-keep-alzheimers-protein-clumps-in-checkHow Coffee Could Protect Against Alzheimer’s: Espresso Found To Inhibit Tau Proteinshttps://www.iflscience.com/how-coffee-could-protect-against-alzheimers-espresso-found-to-inhibit-tau-proteins-69915
Espresso Coffee Mitigates the Aggregation and Condensation of Alzheimer′s Associated Tau Proteinhttps://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.jafc.3c01072
youtubeチャンネルナゾロジー

アルツハイマー病を発症する原因とは?

アルツハイマー病の発症メカニズムはまだ完全解明されていませんが、研究者たちはその要因の一つとして、内でのタウタンパク質の凝集と蓄積を挙げています。

健康な人ではタウタンパク質は脳の構造を安定させるのに役立っており、まったく有害なものではありません。

ところが脳に何らかの問題が生じると、異常な量のタウタンパク質が凝集して蓄積し始め、神経細胞死を引き起こします。

そうなると、神経細胞間の正常なコミュニケーションが妨げられ、アルツハイマー病の症状である思考力の低下、記憶障害、無意識的な徘徊などが生じると考えられるのです。

実際、アルツハイマー病患者の脳を調べると、タウタンパク質が神経細胞内に異常に蓄積していることが分かっています。

タウタンパク質の蓄積で神経細胞死が起こる
タウタンパク質の蓄積で神経細胞死が起こる / Credit: canva

そのため研究者らは、タウタンパク質の凝集や蓄積を防げば、アルツハイマー病の発症予防や症状の緩和につながるのではないかと考えているのです。

しかしこれまで、血液や髄液検査によってタウタンパク質を特定できる手段は確立されているものの、タウタンパク質の凝集と蓄積を止めたり、解消する方法は見つかっていません。

一方で近年の研究では、コーヒーに含まれるカフェインなどの成分がアルツハイマーを含む神経変性疾患に対して、有益な効果を持つ可能性が示されつつあります。

そこで研究チームは今回、コーヒー豆の成分を高濃度で抽出する「エスプレッソ」を対象に実験を行いました。

次ページエスプレッソがタウタンパク質の蓄積を阻止!

<

1

2

>


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ