ニュース

【docomo】【インボイス制度】会社員が通勤・出張の交通費の精算で注意する3つのこと/2023/10/20

【docomo】

2023/10/20

インボイス制度は会社員にとっても、「交通費の精算」で大きな影響があります。出張の際にインボイス(適格請求書)を取り寄せるべきかどうか正しく判断し、交通費を会社からスムーズに払ってもらえるように、次のことに注意しましょう。

立て替えではなく、会社が払ってくれる場合はインボイスの影響なし

通勤手当や出張旅費などを、社員が立て替えておくのではなく、会社が払ってくれる場合は、インボイスを取り寄せる必要はありません。「出張旅費特例」という制度があり、帳簿にその特例が当てはまるといった記録を残しておけばいいからです。

出張旅費特例には、会社で定められている「出張旅費規程」に従って代金の受け渡しをするという条件がありますが、この規程はインボイス制度が始まる前からあるものなので、これまでと同じように受け渡ししていれば問題ないでしょう。

出張で払う交通を立て替える場合は3万円を基準に

これに対し、会社員が立て替えで交通費を払い、あとで精算する場合は、3万円以上の場合はインボイスが必要で、3万円未満の場合は不要です。

これは「公共交通機関特例」により定められているからですが、気を付けなければいけないのは、1回の取引による金額が判断基準になるという点です。「出張を通して3万円」ではなく、「切符購入など1回ごとの取引につき3万円」です。

このため、片道の交通費が3万円未満だとしても、往復で切符を買って3万円以上になると、インボイスが必要になります。この場合、片道ずつで切符を買えば、往復割引は受けられなくなりますが、インボイスは要らないことになります。

なお、航空機やタクシーは公共交通機関に含まれないため、金額に関係なくインボイスを取り寄せる必要があるので注意しましょう。

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ