ニュース

【halmek】素朴な疑問 すじこといくらの違いは?ほぐれてるだけじゃないの?/2023/10/22

【halmek】

2023/10/22

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

食欲の秋! おいしい食材がたくさんで目移りしちゃう。この時期になると、鮮魚コーナーで「生筋子」を売り出すのよね。いくらは高いから、ワタシは自分で生筋子から「いくら醤油漬け」を作っちゃう派~♪

いくらも大好きだけど、ちょっとしょっぱいすじこも大好き! あれ? よく考えると、すじこといくらって何が違うのかしら? ほぐれてるか、ほぐれていないかの違い? 気になったので調べてみました!

すじこといくら、何が違うの?

すじこといくらは、どちらも同じ鮭(サケ)・鱒(マス)の魚卵です。卵巣膜に入ってつながった状態のものが「すじこ」、膜からほぐして卵を1粒ずつバラバラにしたものが「いくら」です。

ここまでは知っている人も多いと思いますが、実は「味わい」にも違いがありました!

すじこ:未熟な卵で柔らかな食感

すじこ:未熟な卵で柔らかな食感

すじこは、卵巣膜によってつながったままの鮭(サケ)・鱒(マス)の魚卵のことです。一般的に、塩漬けされたものが販売されており、加工前のものは「生筋子」と呼ばれます。

すじこといくらでは採卵する時期が異なるため、卵の成長状態も違います。すじこの方が未熟な卵を使うため、柔らかな食感をしていることが特徴です。

いくら:成熟した卵でプリプリした食感

いくら:成熟した卵でプリプリした食感

いくらは、すじこをほぐして卵を1粒ずつバラバラにしたものです。塩漬けや醤油漬けされて販売されています。ロシア語で「小さくてつぶつぶしたもの」「魚卵」を意味する「ikra」がいくらの語源です。

いくらには、産卵間近になり、卵殻がある程度硬くなり始めた卵(すじこ)が使われます。卵が成熟しているため、プリプリした食感になることが特徴。張りがあってプチッと弾けるので、食感も楽しめます。

すじこといくらはどっちが高級?

すじこといくらでは、どちらの方が高級なんでしょうか? 一般的には、いくらの方が高いイメージがありますが、値段設定はメーカーや販売店によっても異なるそうです。

すじこもいくらも同じ価格にしているところもあれば、値段設定を変えているところもあるみたい。値段にあまり違いがないなら、食感や見た目、使い方など好みに合わせて選べば良さそうね!

※この記事は2022年6月の記事を再編集して掲載しています。

■人気記事はこちら!


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP