ニュース

【grapee】マーガリンが黄色く変色、いったいなぜ? 原因に「そんな理由が」「知りませんでした」/2023-11-24

【grapee】

2023-11-24

冷蔵庫に入れていたマーガリンを取り出したら、なんだか表面が黄色くなっていた、という経験はありませんか。

マーガリンの品質が劣化して、食べられなくなったのではないか、と心配になった人も多いのではないでしょうか。

この理由はいったいなんなのでしょうか。

雪印メグミルク株式会社が、公式ホームページにて『マーガリン類の表面が黄色くなる理由』や『表面を黄色くならないようにする方法』などを解説しています。

マーガリン類を使っているうちに表面が黄色くなっていく理由とは

雪印メグミルクによると、開封したマーガリン類の表面がだんだん黄色くなるのは、表面の乾燥によるものなのだそう。

マーガリン類には、着色料としてβ-カロテンが使われています。マーガリン類を使っているときにずっと空気に触れさせておくと、マーガリン類の表面から水分が蒸発し、乾燥してしまいます。そうなると、マーガリン類に含まれているβ-カロテンの色が濃くみえるのです。きちんと保存されているものであれば、風味にはほとんど影響はありませんので、そのまま安心してお召しあがりいただけます。

雪印メグミルクーより引用

マーガリン類の表面が黄色くなっても、風味にはほとんど影響はないとのこと。また、品質にも問題はないため、きちんと保存されているものであれば、安心して食べられます。

マーガリン類の表面を黄色く変色させないようにする方法

マーガリン類の表面を黄色く変色させないためには、乾燥から守ることがポイントです。なるべく空気に触れさせないようにするために、マーガリン類に付いている内ぶたや包み紙を、表面に密着させてから保存することが大切です。

内ぶたや包み紙がマーガリン類の表面を覆って、表面の水分が蒸発するのを防ぎます。また、容器や外箱をしっかりと閉めることも忘れないでください。

マーガリン類は開封後1か月程度で食べ終えよう

マーガリン類を開封した後は、賞味期限に関わらず早めに食べ終えるようにしましょう。目安としては、約1か月程度です。なかでも油脂含有量の少ないマーガリン類の場合は、開封後、約2週間程度で食べ終えることが推奨されています。

ただし、これらの期間は、あくまでも目安です。マーガリン類の見た目や、におい、味をよく確認してから、食べられるかどうかを判断してください。

マーガリン類を安全においしく食べるために、正しい方法で保存して、開封後は早めに食べ終えるようにしましょう。


[文・構成/grape編集部]


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ