ニュース

【maidonanews】サイドミラー“正しい位置”に合わせられていますか?覚えておきたい「理想の映り具合」/2024.01.22

【maidonanews】

2024.01.22

村田 創(norico by ガリバー)

 

サイドミラーは、主に車両の斜め後ろにいるクルマや歩行者、障害物を確認するための鏡です。みなさんはサイドミラーを正しい位置に合わせることができていますか?

サイドミラーの正しい位置

運転中、特に「バックでの駐車・発進」「右折・左折」「車線変更」といった場面では、サイドミラーでの安全確認が欠かせません。これらのタイミングでは、自転車や歩行者の巻き込みがないか、隣の車線や周囲にいるクルマとの距離は充分にあるかをサイドミラーと目視の両方でチェックしましょう。

サイドミラーの正しい位置は「景色と地面(道路)が上下に半分ずつ、車体が内側の縦1/4に映っている状態」と覚えましょう。

 

 

▽車体を基準にした場合

サイドミラーの位置の覚え方として、上記の他に車体の見え方を目安にする方法もあります。

上下の目安は「上半分にクルマのウィンドウ、下半分にドア部分が映っている状態」、左右の目安は先述の判断基準と同様、「車体がミラーの内側1/4に映っている状態」です。

サイドミラーを正しい位置にセットし、上手く活用するだけで事故のリスクは大きく減少できます。

サイドミラーの合わせ方

サイドミラーを調整するためのスイッチは、運転席側のドアの内側や、ハンドルの右側にあるのが一般的です。スイッチの種類はいくつかあるものの、基本的な操作方法は変わりません。

 

 

まず、①左右どちらか調整するミラーを選択(「L/R」といったスイッチがついている場合、左ならスイッチを左側に寄せる)、②上下左右のボタンで調整していきます。

車種によっては「L/R」を選択する部分と上下左右の調整部分がひとまとめになったスイッチを搭載していることも。この場合、①スイッチのつまみを左右にまわしてミラーを選択し、②丸いスイッチを傾けて上下左右の位置を調整してください。

▽ミラーの前にシートポジションの調整を!

ミラーの位置合わせで重要なのは、運転する時と同じ位置に座って調整すること。ミラーの調整をする前に、シートポジションを調整しましょう。主なポイントは以下の3点です。

・腰とお尻に隙間を作らず深く座る
・肘をわずかに曲げてハンドルを握れる状態にする
・前後はペダルを踏み込むと膝がわずかに曲がる位置にする

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP