ニュース

【aismiley】福岡市、生成AI「QT-GenAI」活用で、職員の作業時間平均33%削減を実証/2024/03/19

【aismiley】

2024/03/19

福岡市は、アンドドットとQTnetにより共同開発された「QT-GenAI」を活用し、市の職員の業務時間削減と生産性向上の効果を検証しました。

このAIニュースのポイント

  • 福岡市、QT-GenAIを含めた生成AI研修を実施。活用法やAIリテラシー向上を検証
  • QT-GenAIは市役所業務において有効な機能を搭載。AIの知識がなくても活用可能
  • 作業時間削減や生産性向上など、行政業務での生成AIの有効性を実証

福岡市は、アンドドット株式会社と株式会社QTnetが共同開発した「QT-GenAI」を活用し、「全ての職員が生成AIを使いこなす」という目的のもと、職員の生産性向上と安全性の実証実験を行っています。その結果、平均して業務時間の33%以上が削減でき、業務成果・品質は33%向上したという回答が得られました。

福岡市は、アンドドットが提案した「生成AIを活用した職員の生産性向上」プロジェクトを採択し、昨年から市の職員40名向けに「QT-GenAI」を含め、生成AI研修を継続的に実施しています。

従来の生成AIツールは、利用者のプロンプト活用スキルが求められていましたが、「QT-GenAI」には、発生頻度の多い業務・作業は、プロンプトを都度作成しなくても、フォームにキーワードを入力すると返答が返ってくる「モード機能」を搭載しています。この機能により、議事録のフォーマット作成・文書の校正や添削・英語資料の作成業務・プレゼンテーションのFAQ作成など職員の各種業務に活かすことができます。

2024年2月に実施した中間アンケートでは、「QT-GenAI」の利用により、作業時間は平均33.75%削減され、業務成果・品質は平均36.56%向上したと回答結果が得られました。

アンドドットは「生成AIのさらなる利用促進を進めていくと同時に、市民や観光客に向けた新しい価値の提供といった、先進的で実利の見込める取り組みに生成AIの活用を進めていく計画を立てていきます」とコメントしています。

出典:PR TIMES

AIsmiley編集部

株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア「AIsmiley」は、AIの専門家によるコンテンツ配信とプロダクト紹介を行うWebメディアです。AI資格を保有した編集部がDX推進の事例や人工知能ソリューションの活用方法、ニュース、トレンド情報を発信しています。

・Facebookでも発信しています @AIsmiley.inc
・Xもフォローください @AIsmiley_inc


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP