ニュース

【finance】欧州がガソリンに戻る中、フォルクスワーゲンの電気自動車販売が急落/2024 年 4 月 10 日

2024.4.16(N)
内燃機関では勝てないから新たなジャンルで覇権をとろうとした先鋒がまっ先になんかゆぅてます。
こういった流れは日本の自動車産業界にも少なからず影響を与える可能性もあり、生産ラインの見直しによって生産拠点の移動・閉鎖など雇用に関して大きな影響を及ぼさなければいいですが・・・。
日本国内にも車だけでなくさまざまな業種業界外資の工場が地方拠点として開設されていますが、無理のない目先だけではない長期的な経営計画による安定的な雇用を創出してほしいと思います。



finance.yahoo.com

2024 年 4 月 10 日

バッテリー駆動車の需要が失速し、購入者がガソリン車に戻ったため、欧州ではフォルクスワーゲンの電気自動車の販売がほぼ4分の1減少した。

電気自動車(EV)の販売は、高インフレとエネルギー価格の上昇により需要が減退したため、今年最初の 3 か月で 24% 減少しました。
世界的には、アウディ、シュコダ、ポルシェのオーナー企業における全電気自動車の販売台数は 3% 減少して 136,400 台となり、その一方で内燃機関車の販売台数は 4% 増加して 200 万台近くになりました。
EV需要の落ち込みは、この地域の政治家が補助金を削減し、ガソリン車とディーゼル車を廃棄するという野心的な目標を再検討していることを受けて起きている。
9月、リシ・スナック首相は英国でのガソリンとディーゼルの新規販売を禁止する期限を2030年から2035年に延期した。新しいEVを購入するドライバーへの奨励金は2022年に廃止された。
データによると、英国ではガソリン車の需要が電気モデルよりも速く増加している。
自動車製造貿易協会が先週発表した数字によると、先月のEV登録台数は前年比3.8%増にとどまった一方、ガソリンエンジンの販売台数は9.2%増加した。
フォルクスワーゲンは、アウディ e-Tron シリーズやフォルクスワーゲン ID など、英国で最も人気のある電気自動車モデルの一部を販売しています。
一方、EU当局は、内燃機関に動力を供給できる合成燃料、いわゆるe燃料の使用を許可するために、域内でのガソリン車とディーゼル車に対する同様の禁止措置を緩和することを検討している。
シュミット・オートモーティブ・リサーチの創設者マティアス・シュミット氏は、フォルクスワーゲンはドイツでのEV販売補助金打切りの影響を受けていると述べた。 EUも自動車の排出目標を凍結しており、販売が停滞している。
メルセデス・ベンツも水曜日、ドイツでの「税制上の優遇措置の突然の終了」と同社ブランドの人気の電気モデルの段階的廃止を理由に、EVの販売が8%減少したと報告した。
欧州の自動車メーカーは中国製の新型電気自動車の流入による競争激化に直面しており、フォルクスワーゲンのEV販売も圧迫されている。 BYDなどのブランドは、西側諸国のライバルよりも安い価格帯でバッテリー駆動の自動車を提供している
EUは中国政府が中国自動車メーカーに提供している補助金について調査を開始した。ドイツのキール研究所の専門家らは、BYDだけで近年中国からの補助金として34億ユーロ(約2900億円)以上を受け取っていると推定しているとブルームバーグが水曜日に報じた。
BYDにコメントを求めた。
しかし、欧州では電気自動車の販売が大幅に減少したが、中国ではほぼ91%増加したとフォルクスワーゲンは述べた。
フォルクスワーゲン取締役会のメンバーであるヒルデガルト・ウォルトマン氏は、「当社の多様な製品ポートフォリオは、現在の完全電気自動車の場合と同様に、特定のセグメントの需要の変動を他のセグメントで補うために必要な柔軟性を与えてくれます。」と述べた。
フォルクスワーゲンの売上高の減少は、西側の大手電気自動車メーカーであるテスラの納車台数の大幅な減少に続いている。先週、イーロン・マスク氏の事業は、3月四半期の売上が8%減少したと報告した。
すべての企業が苦戦しているわけではない。BMW は水曜日、同社の EV 販売が 3 月までの 3 か月で 28% 増加したと発表した。 i4、iX1、i7 などのバッテリー駆動モデルの出荷台数は、この期間中に 41% 増加しました。
しかし、ドライバーの電気自動車に対する熱意が揺らいでいるという証拠を受けて、複数の自動車メーカーが新しい電気自動車の発売計画を延期している。
フォルクスワーゲン傘下の英国自動車メーカー、ベントレーは、同社初の電気自動車発売計画を2026年まで延期した。
同じくドイツの自動車大手傘下のスーパーカーブランド、ランボルギーニは、完全電気モデルの販売を2028年まで開始しない予定。
プジョー、ボクソール、マセラティなどを傘下に持つ自動車大手ステランティスは水曜日、ガソリン車フィアット・パンダの生産を2030年まで延長すると発表した。同社はベストセラーのシティカーを2027年までに全電気自動車に切り替える計画を立てていた。
他の自動車メーカーも拡大計画を撤回している。フォードは2つの新しい電気モデルの生産を延期し、一方メルセデス・ベンツは今年初めに、2030年末までに全モデルを電気自動車にする計画を取り下げた。


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ