重要情報

【ledge】GPT-4越え「ほぼ人間レベル」アンソロピックが生成AI「Claude3」を発表/2024.3.11**

【ledge】

2024/3/11

画像の出典:Anthropic

米国Anthropicは2024年3月4日、次世代AIモデルファミリー「Claude3(クロード3)」を発表した。このモデルは、解析、予測、コンテンツ作成、コード生成、そして複数の非英語圏言語での対話能力の向上を実現し、AI業界における新たなベンチマークとなる。

Claude3は 「Claude 3 Opus(オーパス)」「Claude 3 Sonnet(ソネット)」「Claude 3 Haiku(ハイク)」 という3つの異なるモデルで構成され、各モデルは能力の異なる順序で配置されている。ユーザーは自分のユースケースに合わせて、インテリジェンス、スピード、コストの理想的な組み合わせを選択できるようになるという。

Opus と Sonnet は、claude.ai と Claude APIを通して使用可能。現在159か国で一般提供されている。Haikuも近日公開予定とのこと。

claude3-2.jpg

画像の出典:Anthropic

最も能力の高いモデルとされるOpusは、LLMの主要なベンチマークの多くでOpenAIのGPT-4やGoogleのGemini 1.0 Ultraといった同業他社のモデルを上回り、複雑なタスクに対するほぼ人間レベルの理解と流暢さを示していると同社は述べる。

claude3-1.jpg

画像の出典:Anthropic

Claude3モデルファミリーは初期段階で200Kの長いコンテキストウィンドウを扱うことができ、大量のテキストデータから複雑な情報を理解し、関連する内容を抽出することが可能だという。さらに、これらのモデルは100万トークンを超える入力も受け付けることが可能で、特に大規模なデータセットを扱う必要がある用途に対して、より強化された処理能力を提供できるという。

また、テキストだけでなく、写真入力の理解も可能とするマルチモーダルな能力を持ち、より幅広い応用が可能。 ・高速な処理能力により、リアルタイムでの顧客対話や自動完了、データ抽出タスクに対応 ・強化されたビジョン機能は、写真やチャート、グラフ、技術図面など、幅広いビジュアルフォーマットを処理 ・以前のモデルよりも正確性が向上し、特にオーパスモデルは複雑な開かれた質問に対して正答率が2倍に改善

同社はさらに、Claude3モデルファミリーの信頼性と安全性に注力しているとのこと。多様なリスクを追跡し対処する専門チームを有し、プライバシー問題やバイアスの軽減に向けた方法を継続的に開発するという。また、これらのモデルは複雑な多段階指示に対する従順性が向上し、ブランドボイスや応答ガイドラインに沿った顧客向けエクスペリエンスの開発を容易にする​​​​。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ