ブログ記事

【PRESIDENT】大谷翔平が高校時代に書いた、81個の「マンダラの約束」

「大谷の選手・人間としての下地を作ったのは、花巻東高校の佐々木洋監督」
スポーツを通じて学ぶことは、とても意義のあることだとあらためて感じます。


2021年7月3日、カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで、ボルチモア・オリオールズとの1回戦で打席に立つロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手
写真=AFP/時事通信フォト
2021年7月3日、カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで、ボルチモア・オリオールズとの1回戦で打席に立つロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手

大谷翔平と菊池雄星をメジャーのオールスター試合に送った「花巻東」

生中継に釘付けで仕事にならない人が続出するのではないか。

7月13日(日本時間14日9時プレーボール)に行われる米MLBオールスターゲームの出場者に大谷翔平(27、ロサンゼルス・エンジェルス)、ダルビッシュ有(34、サンディエゴ・パドレス)、菊池雄星(30、シアトル・マリナーズ)の3人が選出された。大谷は、MLB史上初となる打者と投手の二刀流で起用されることも決定している。野球ファンならずとも注目するコンテンツだろう。

MLBの場合、野手8人(アメリカン・リーグはDHを入れて9人)はファン投票で、その他の野手と投手は、選手・監督・コーチによる「選手間投票」で選出される。大谷はすでにア・リーグDHのファン投票1位で選ばれていたが、菊池とダルビッシュ、投手・大谷は選手間投票で選出された。オールスターは世界最高峰のMLBでもトップの活躍をした者しか立つことができないひのき舞台であり、本人はもちろん、まるで自分のことのように誇らしく感じている日本人も多いのではないか。

大谷と菊池は、岩手県の私立花巻東高校、ダルビッシュは宮城県の私立東北高校出身。そろって東北の高校出身者であるのはちょっとしたサプライズだが、そのうち2人が花巻東OBというのは快挙と言っていい。

「野球後進県」の「ローカル強豪校」が生んだ傑出した才能

花巻東は岩手県を代表する強豪校だ。甲子園大会には春3回、夏10回出場していて、2009年の春のセンバツではエース菊池が活躍し準優勝している。

ただし、強豪といっても“岩手の”がつく。全国優勝はまだなく、甲子園に毎年必ず出るというわけでもない。ライバルの盛岡大附属高校と競り合いを続けている状況だ。「野球後進県」と揶揄やゆする人も少なくない。全国制覇・優勝が具体的目標となっている大阪桐蔭、智弁和歌山、中京大中京、横浜などの本当の強豪とは実力的に差があると言わざるを得ない。

そんなローカル強豪校から菊池、大谷というメジャーで大活躍する選手が出た。

だが、これは偶然ではない。2人に類いまれなアスリートとしての能力があったことは確かだが、野球選手として成長するうえでも、人間形成の点でも重要な意味を持つ高校の3年間、花巻東の佐々木洋監督の指導を受けたことが、今の大成に密接な関連を持っている。

次ページ


 

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP