ブログ記事

兵庫県尼崎市の在宅医、長尾和宏医師をモデルに描かれた物語

先日、仕事の合間を縫って観賞した映画、「痛くない死に方」は、医療や生き方を考える上でとても深い内容でした。
兵庫県尼崎市の在宅医、長尾和宏医師をモデルに描かれた物語です。
長尾先生の舞台挨拶もあり、素晴らしいお話でした。

入院など既存医療を否定しているわけではなく、かかりつけ医と高度医療の適切な連携についても、触れられていました。
全国各地でロングラン上映が続いている様で、生と死を考える深い映画でした。


 

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP