ブログ記事

住宅・ブロック塀等の地震対策の補助,住宅・建築物の土砂災害対策の補助

2022年3月31日更新
暮らしの情報

住宅・ブロック塀等の地震対策の補助,住宅・建築物の土砂災害対策の補助

とき

 【申込期間】
4月1日から8月下旬まで
(土砂災害対策の補助については建築指導課までお問合せください。)

【完了時期】
耐震診断:3月末までに耐震診断を完了し,実績報告書を提出する必要があります。
耐震改修等(シェルター・ベッド・ブロック塀等を含む):2月末までに対象工事を完了し,
実績報告書を提出してください。

内容

  地震・土砂災害から生命・財産を守るため,地震・土砂災害対策に努めましょう。
要件を満たす住宅またはブロック塀等は表1に掲げる内容について費用の一部の補助を受ける
ことができます。
補助は業者等と契約する前に,申請をする必要がありますのでご注意ください。
補助対象や予算の確認等をするため,申し込みの前に建築指導課へ事前相談をしてください。

対象

 【地震対策】
(住宅)1981年(昭和56年)5月31日以前に建てられた戸建の木造住宅(他の要件あり)
※1981年(昭和56年)6月1日以降に増築を行っている場合はご相談ください。
(ブロック塀等)避難路に面している,高さ0.8m以上のもので,耐震診断等で安全性が確認
できないもの。かつ,建築基準法の規定に違反していないもの。
※対象かどうか事前に建築指導課にご相談ください。

【土砂災害対策】
表2に掲げる住宅・建築物

申し込み方法

  市役所本庁舎11階の建築指導課窓口にて承ります。

申し込み先

  〒720-8501
住所:福山市東桜町3番5号 市役所本庁舎11階 建築指導課
Tel:084-928-1103
表1 補助内容一覧
対策項目 補助内容
地震対策(住宅) 耐震診断
耐震改修工事・現地建替え工事・非現地建替え工事・除却住替え
耐震シェルター設置・耐震ベッド設置
地震対策(ブロック塀等) 除却工事・建替工事
土砂災害対策 土砂災害特別警戒区域等内に建築された住宅の移転等
土砂災害特別警戒区域内に建築された建築物の土砂災害対策改修工事

※耐震シェルター・耐震ベッドとは,住宅内に設置し,地震により住宅が倒壊しても寝室や睡眠スペースを守ってくれる装置のことです。

表2 土砂災害対策の対象一覧

補助項目 対象区域 対象

土砂災害別警戒区域等に建築された住宅の移転等

土砂災害特別警戒区域 ・左記の区域内にある既存不適格建築物

・左記の区域内にある住宅のうち,自然災害により安全上の支障が生じ,福山市が改める勧告等を行ったもの

急傾斜地崩壊危険区域
広島県建築基準法施行条例第4条の2の規定によるがけ地
過去3年間に災害救助法の適用を受けた地域
土砂災害特別警戒区域に建築された建築物の土砂災害対策改修工事 土砂災害特別警戒区域 左記の区域内にあるその区域の指定前からある住宅・建築物

 詳細な内容については下記URLよりご確認ください。

  耐震診断費補助制度

   http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kenchiku/692.html

  木造住宅耐震化促進補助事業

   http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kenchiku/693.html

  ブロック塀等の安全確保補助制度

   http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kenchiku/155122.html

  土砂災害特別警戒区域等に建築された住宅等の災害対策補助制度

   http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/kenchiku/48842.html

倒壊した建物1      倒壊した建物2

【写真出典】災害写真データベース:阪神・淡路大震災,新潟県中越地震(一部修正)

このページに関するお問い合わせ先

建築指導課
Tel:084-928-1103


 

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP