ブログ記事

被爆・福山空襲から77年~今、私たちができること~/2022年8月1日更新

2022年8月1日更新
高めよう!人権意識 心のかけ橋

被爆・福山空襲から77年~今、私たちができること~

       

炎に包まれる市街地 絵 藤原邦子      福山城から見た焼けた福山の市街地 撮影 坂本万七

            

市民平和のつどい市民平和大会 オープニングセレモニー     平和を願う少女 東朋中学校美術部

知っていますか?77年前に福山で起こったことを

1945年8月8日、午後10時25分から約1時間、Bー29爆撃機91機によって市街地は壊滅的な被害に遭いました。福山城天守閣も崩れ落ち、防空壕へ逃げ込んだ人や炎と煙に囲まれて逃げ場を失った人など4万7326人が被災し、うち355人もの尊い命が奪われました。実際に福山空襲を体験した人は「あんな怖い思いはもうしたくない。二度と戦争を経験したくない」「福山城が焼夷弾の直撃を受け火柱を上げて燃え崩れ落ちたときに悔しさと敗戦を感じた。あの悲惨な状況を言葉では表せない」と証言しています。

​伝承への取り組み

終戦から77年目を迎え、戦争体験者は高齢になり直接体験談を聞く機会は少なくなりました。そして戦争の悲惨な体験や記憶は人々の中から次第に薄れつつあります。戦争や福山空襲の記憶を風化させることなく伝承していくため、本市では体験者の証言を集めた冊子の作成や市内に残る空襲遺跡に案内看板を設置するなど行っています。また「ふくやまピース・ナビ(平和案内人)事業」や「ふくやまピース・ラボ(若者対象の平和研究活動)事業」なども継続的に取り組んでいます。

平和行事へ参加してみませんか

 8月8日(月曜日)にリーデンローズで開催する「2022市民平和のつどい・第68回市民平和大会」は新型コロナウィルス感染拡大により中止します。

「ひとり一羽」の折り鶴は 8月31日(水曜日)まで まなびの館ローズコム1階に展示しています。

市ホームページには福山空襲体験者の証言や平和メッセージの動画などを掲載しています。

動画はこちらから

原爆・福山戦災死没者慰霊式

原爆および福山戦災死没者の霊を慰め,世界の恒久平和を祈念して慰霊式を行います。参加や黙とうをお願いします。

と き 8月8日(月曜日)午後17時30分~

ところ 中央公園福山市戦災死没者慰霊碑(母子三人像)前

※原爆死没者で遺族の分からない遺骨の名簿を福祉総務課で掲示しています。心当たりがある人は同課へ

問合せ先  福祉総務課(928-1045)

平和アピール展

園児,児童,生徒及び市民のみなさまが平和の願いをこめて制作した「折り鶴」「ポスター」「絵画」などの作品を展示します。

と き 7月30日(土曜日)~8月15日(月曜日)※最終日は15時まで

ところ 市役所1階市民ホール,人権平和資料館,人権交流センター,まなびの館ローズコム,西部市民センター,北部市民センター

東部市民センター,ぬまくま交流館,うつみ市民交流センター,新市支所,かんなべ市民交流センター(各館の休館日は除く)

 

問合せ先  人権・生涯学習課(☎084-928-1006)

人権尊重 平和を築く 第一歩

このページに関するお問い合わせ先

人権・生涯学習課
電話:084-928-1006


 

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP