ニュース

【advisor】1 分でわかる市場マッピング: 2022 年の国別世界エネルギー価格/2022 年 11 月 17 日

2022.11.30

2022年世界的なインフレが今も続いていますが、【advisor】発信のマッピングで見る限りロシアにエネルギーを依存している欧州はその影響が大きいことがわかります。これはウクライナにおける紛争にEUが大きく関与しているためのロシアからの報復と考えていいでしょう。しかし、その紛争に大きく関与している米国は自国の資源が豊富なため直接的な影響下に無いように見えますが、米国では猛烈なインフレが起きていることは何らかの影響を受けている証拠でもあります。

日本は今年に入りロシアから天然ガスの購入を3倍近くに増やしています。注目したいのは、その価格は(千トンあたり)1億円ほどですがこの価格は中東諸国から輸入している6割程度の優遇価格です。過去現在においてもこうした優遇価格が続いているその背景には、ロシアでの日本大手総合商社のエネルギー開発に大きく影響を受けていからだと考えられます。資源に乏しい日本は表向きロシアに対して米国と歩調を合わせた強固なスタイルをとりつつも、ロシアと協調するべきところはしっかりとしていくことがとても大事です。それはアジア諸国、特に中国に対しても同様だと考えます。

これから本格的な冬を迎える欧州では、エネルギーに関して政治的な解決の糸口を見つけなければ経済活動自体が縮小せざる得ないと考えます。特にウクライナのエネルギーインフラ(原発)へのロシアからの局所的な原発の配電装置への攻撃によって暖房が使えない、水が使えない劣悪な衛生環境とあわせインターネット通信が遮断された情報難民となりつつあるようです(欧州全体の夜間衛星写真からもその実態が分かります)。ウクライナの人達はこれまで旧ソビエト時代に作られた原子力発電所の豊富な発電力によって、零下の環境でも家の中では薄着で生活するスタイルが印象的でしたが、これからの厳冬を迎えるウクライナはロシアとの協議を含め、EU諸国とその支援を全面的に行ってきた英米が、この事態に対し明確に政治的な対処をしなければ解決の糸口は見つからないと考えます。この問題を「ロシア悪い、ウクライナ可哀そう」という図式の「他人事」にしている段階ではもうないということです。

日本においても、この状態が続くならエネルギーのみならず食料その他商品価格が高騰する影響を、今後さらに大きく受けると考えます。
資源に乏しい日本に住む市民一人ひとりが今出来ることは、資源を大切に使う習慣を再確認する必要があると思います。
電気、ガス、水道はこまめに使い無駄に使わない、食料は必要な量だけ作り食べて残さず残ったら保存しておく、安全のためにも車は急発進急ブレーキはしない、「3R」含め、日常の中に潜む「ムリ・ムダ・ムラ」を一人ひとりが可能な範囲でなくしていくことで大きな力になると思います。(N)




【advisor】

2022 年 11 月 17 日

1 分でわかる市場

マッピング: 2022 年の国別世界エネルギー価格

使用方法:側面の矢印は、各タイプのエネルギー間を移動します。

エネルギー価格
エネルギー価格
主なガソリン価格

このインフォグラフィックはポスターとして入手できます。

マッピング: 2022 年の国別世界エネルギー価格

一部の国では、エネルギー価格が 2022 年に歴史的な水準に達しています。

ロシアのウクライナ侵攻により世界のエネルギーサプライチェーンが断絶したため、ガソリン、電気、天然ガスの価格が急騰した。極端な価格変動の中で、家庭や企業はより高いエネルギー料金に直面しています。戦争をめぐる不確実性は大きく、冬の暖房費は急騰すると予測されています。

エネルギー危機の世界的な影響を考慮して、ニューヨーク ライフ インベストメンツのこの Markets in a Minuteは、国別の世帯のエネルギー価格を示しています。

1. 世界のエネルギー価格: ガソリン

ガロン 1 ガロンのガソリン代が最も高い国と地域は?

出典: GlobalPetrolPrices.com. 2022 年 10 月 31 日現在。平均世帯価格を表しています。

ガロンあたり平均11.1米ドルである香港の世帯は、世界で最も高いガソリン代を支払っています。これは、世界平均の 2 倍以上です。高いガス税と急な土地コストの両方が、ガス価格の高騰の主な要因です。

香港と同様に、中央アフリカ共和国のガス料金は高く、1 ガロンあたり 8.6 米ドルです。ガソリンの純輸入国である同国は、ウクライナでの戦争以来、価格上昇圧力に直面している。

アイスランド、ノルウェー、デンマークの世帯は、ヨーロッパで最も高いガソリン コストに直面しています。全体として、ヨーロッパではエネルギー危機により、9 月にインフレ率が10%に達しました。

2. 世界のエネルギー価格: 電気

また、電力価格にも極端な変動が見られます。

最も高い家庭用電気料金の大部分はヨーロッパにあり、デンマーク、ドイツ、ベルギーの料金はフランスとギリシャの約2 倍です。概観すると、ヨーロッパの多くの国の電気料金は、キロワット時あたり 0.14 米ドルという世界平均の 2 倍または 3 倍以上です。

2022 年の第 1 四半期に、欧州連合の家庭用電気料金は前年比で32%上昇しました。

出典: GlobalPetrolPrices.com. 2022 年 3 月 31 日現在。平均世帯価格を表しています。

米国では、消費者の電力価格が昨年 9 月と比較して毎年16%近く上昇しており、40 年以上で最高の上昇率であり、インフレが加速しています。

しかし、米国はエネルギーの純輸出国であるため、家庭はロシアの供給途絶の影響から守られています。

3. 世界のエネルギー価格: 天然ガス

世界の天然ガス価格上位 10 位のうち 8 位がヨーロッパで下落し、オランダがトップです。全体として、欧州の天然ガス価格は、ウクライナ侵攻から 1 年で 6 倍に跳ね上がりました。

出典: GlobalPetrolPrices.com. 2022 年 3 月 31 日現在。平均世帯価格を表しています。

良いニュースは、秋のシーズンが比較的暖かく、昨年と比較して 10 月のヨーロッパの天然ガス需要が22% 減少したことです。これにより、冬の後半に発生するガス不足のリスクを軽減できます。

ヨーロッパ以外では、ブラジルは国内で約半分を生産しているにもかかわらず、世界で 4 番目に高い天然ガス価格を持っています。調理用ガスの高コストは、低所得世帯にとって特に困難であり、10 月の大統領選挙に向けた準備段階で重要な政治問題になりました。

一方、シンガポールの天然ガス価格はアジアで最も高く、その大部分はタンカーまたはパイプライン経由で輸入されており、同国は価格ショックに対して脆弱です。

競争の激化

12 月までに、ロシアからヨーロッパへのすべての海上輸送が停止し、冬から 2023 年にかけてガソリン価格が上昇する可能性があります。

懸念すべきことに、EIA の分析によると、ロシアが完全に供給を停止し、需要が減少しなければ、欧州の天然ガス貯蔵能力は 2 月までに 20%にまで低下する可能性があります。

欧州がロシアのエネルギーに代わるものを模索しているため、需要の高まりにより、燃料源をめぐる世界的な競争が激化する可能性があり、今後数か月でエネルギー価格が上昇する可能性があります。

それでも、楽観的な見方の余地はあります。世界銀行は、2022 年のウクライナ戦争後のエネルギー価格が 60% 上昇した後、2023 年には 11% 下落すると予測しています。

【advisor】

 


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP