ニュース

【CBC】接種後の死亡や副反応はなぜ?新型コロナワクチンの光と影 国の救済制度の行方は…【報道のチカラ】/2022年12月17日

【CBC】

2022年12月17日

「国策」の新型コロナワクチン接種

2021年2月17日は大きな節目の日でした。新型コロナのワクチン接種が、この日開始。

菅義偉総理(当時)2021年1月 衆議院予算委員会

「ワクチンは感染対策の決め手となる。そして国民の皆さんに安全で有効なワクチンを速やかにお届けしたい」

唯一の有効な感染対策として、国は接種を強く推奨。2022年10月からは5回目も始まるなど、今も「国策」として接種が行われています。

総接種回数はおよそ3億5000万回。こうした中、

「動けなくなって…、息苦しさが続いていたりする」

ワクチン接種後、原因不明の倦怠感でほぼ寝たきりになった人。「髪が大量に抜けて、これウィッグなんですよ」

脱毛の症状が出た女性も。

(Q.舌にこの症状が出始めた時はどんな感じでした?)

「痛かったです」

「触ると足はあるが…まったく感覚は無い」

ワクチン接種の後、突然体に異変が起きる人が増えてきました。さらに、ワクチン接種後に亡くなる人も。

(接種後に夫が死亡した女性)
「お昼時に帰ってきて声をかけたら冷たくなっていて、寝たままの状態で亡くなっていました。本当だったら今も元気に子供たちと暮らせていたのに」

新型コロナワクチンの光と影

これまで1年以上にわたって、ワクチン接種後に体調不良に陥った男女21人と亡くなった6人の遺族や関係者を取材。

国は「副反応のリスク」を当初から認識していて、治療費や死亡一時金を支給する制度も設けています。

しかし、認められるケースは多くはありません。対象者が生後6か月に拡大された中、ワクチン接種を続ける国の政策は果たして正しいのでしょうか。新型コロナワクチンの光と影を考えます。

1年以上も休職…40代看護師の女性

接種後、体調不良になったという愛知県に住む40代の女性。看護師ですが、もう1年以上休職しています。Q.点滴はどのくらいの時間するんですか?
「これは24時間です。点滴1本を24時間なので、一日1500ミリリットルです」

体に異変が起きたのは2021年5月。2回目のワクチン接種の後でした。

「お風呂に入ってた時に、体中にすごく大きな15センチくらいの“あざ”。紫斑みたいな赤紫の“あざ”が、全然打った記憶もないのにいくつかできていて、おかしいなって思って。元々は『特発性血小板減少性紫斑病』という病気を持っていたので、
もう治ってたんですけど…」

一時は血小板の量が正常値の10分の1以下に落ち込み、以前患っていた難病の再発も判明。
すぐに入院治療を受け、血小板の値は回復しましたが、吐き気や味覚障害、息切れなど体調不良はおさまっていません。

女性はこの異変はワクチンによって引き起こされたと考えています。

Q.自分の過去の病が再燃したのはワクチンじゃないかなと思っている?
「そうですね、ワクチンだとは思ってます。寛解状態にまでなって落ち着いていたのに、ワクチンを打った数日後に(血小板の値が)今まで見たことがないくらいの値まで下がったので、やっぱりワクチンとしか思えないなって」

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP