ニュース

【ポストセブン】WBC決勝前、大谷翔平はなぜ「憧れるのをやめましょう」と言ったのか 心理士が指摘する“憧れ”の副作用/2023.03.23

【ポストセブン】

2023.03.23

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝前にロッカールームでの円陣で大谷翔平(エンゼルス、28才)発した言葉について。

* * *
ハラハラしながら手に汗握った2日間が終わった。こんなにドラマチックな展開が繰り広げられる試合はもうないかもしれない。大谷翔平選手の試合後のインタビューではないが、終わってしまったのがさみしいくらい最高の試合だったWBC。その勝利の秘訣を決勝直前、円陣を組んで選手に声をかけた大谷選手の言葉に見つけた。

決勝戦までの試合で、選手たちはそれぞれきっちりと自分たちの仕事をし、役割を果たしていた。WBC開幕から不振にあえいでいた村上宗隆選手(ヤクルト、23才)も準決勝で二塁打を放ち、侍ジャパンはサヨナラ勝ち。侍ジャパン公式サポートキャプテンの中居正広さん(50才)は、それを見て「おはようございます」と挨拶。ようやく村上が目覚めた瞬間に思わず、間に合ってよかったと思ってしまった。

決勝戦の相手は米国代表、全員がメジャーリーガー、銀河系一強いといわれたチームだ。史上最強とよばれる日本の選手たちだが、その多くにとってメジャーリーグのスター選手はメディアの中で見る選手たちだ。それも試合が行われたのはマイアミ。日本にとってはアウェイである。雰囲気に飲み込まれたら、萎縮してしまうだろう。

そこで大谷選手が選手たちに伝えたのは、「憧れるのをやめましょう」だった。「憧れてしまったらね。越えられないんで」「今日1日だけは、彼らへの憧れを捨てて、勝つことだけを考えていきましょう」。

大谷選手は経験から、憧れが心や体にもたらす副作用をよく知っているのだ。

2

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ