ブログ記事

何かと物議を醸す発言の多い読売新聞のトップ、渡辺恒雄氏。

何かと物議を醸す発言の多い読売新聞のトップ、渡辺恒雄氏。 タカ派の論客との評価の多い渡辺氏ですが、実は戦争の惨禍の体験から、こよなく平和を希求する記者として、戦後政治の重要な局面で誰にも出来ない役割を果たしてきた事がわかる独白録です。


チャンネル
[総合]
2020年8月9日(日) 午後9:00~午後10:13(73分)
ジャンル
ドキュメンタリー/教養>社会・時事
ドキュメンタリー/教養>ドキュメンタリー全般
ニュース/報道>報道特番
番組内容
読売新聞グループのトップ・渡辺恒雄氏(94)への独占インタビューが実現した。戦争との距離感の中、戦後日本はどう形成されたのか。証言ドキュメントで立体的にひも解く
出演者ほか
【出演】読売新聞グループ本社主筆…渡辺恒雄,作家…保阪正康,東京大学名誉教授…御厨貴,【リポーター】大越健介,【語り】加賀美幸子
詳細
70年にわたり戦後政治の表と裏を目の当たりにしてきた読売新聞グループのトップ・渡辺恒雄氏、94歳。今回、映像メディアによる初めてのロングインタビューが実現した。証言から浮かび上がるのは、歴代首相の“戦争体験”が、戦後日本に与えた影響である。戦争の記憶が薄れゆく戦後75年目の日本。戦後日本が戦争とのどのような距離感の中で形作られ、現在に何をもたらしているのか。渡辺氏の独占告白から立体的にひも解く。

 

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP