ニュース

【creators】【福山市】アートを楽しんで魅力を発見しに行こう!内海アートフェス2023が開催!/2023.5.7

【creators】

2023.5.7

megu.

地域情報発信ライター(福山市)

もうすぐゴールデンウィークですね。

みなさんもう予定は決まっていますか?

内海町ではおもしろそうなイベントを開催していますよ。

表紙の絵にもなっている沼隈町と内海町をむすぶ内海大橋(うつみおおはし)。

瀬戸内の景色が見渡せる内海大橋を渡って行くのですが、そこからアートの世界は始まっています。

どんなイベント?

内海町をまるごと展示会場にした「内海アートフェス2023」。

初めて開催されたのは2022年で、今回は2度目となります。

2023年4月21日(金)に開会式が行われました。

内海ふれあいホール

アートを通じて内海町を多くの人に知ってもらいたい」と話す、内海リボーン 代表の中西和雅(なかにし かずまさ)さん。

代表 中西和雅さん

内海リボーンの「リボーン」とは「再生」。

アートフェスを通じて人と人がつながるのが目的だそう。

島に魅力を感じてもらい移住する人が増えて、地域の活性化につながってほしいという狙いもあるそうです。

7つの展示会場

内海町7か所に展示会場が設けられ、アートと内海町の景色両方を楽しめます。

展示会場はコチラ。

  1. ふくろうの花畑/木画版と芝桜の里
  2. cafe&galleryうみと/フェイス
  3. ふれあいホール/風の丘
  4. 長澤邸/しおかぜ古民家
  5. 村上邸/切り絵と絵画の館
  6. 家廻(やまわり)公園/野外インスタレーション
  7. テレレ/アルゼンチンカフェギャラリー

福山市内に住んでいる人、内海町に魅了されて移住した人、島根県など県外からもたくさんの人がアートに参加しています。

まずは、内海ふれあいホール2階にある「2.cafe&galleryうみと/フェイス」へ行ってみました。

cafe&galleryうみと

ここには、感性豊かで見ていると楽しくなる絵が展示してあります。

一瞬気づきませんでしたが、海が見渡せるガラス窓一面にも絵が描いてありました。

絵に色が塗れるそうなので、早速置いてあるクレヨンで塗ってみます。

子どものころを思い出してつい夢中になりました。

cafe&galleryうみとへ訪れたら、ぜひ色を塗って帰ってくださいね。

次に、内海ふれあいホールの近くにある「4.長澤邸/しおかぜ古民家」へ行きました。

家が並ぶ細い小道を通って行くので、車で来ている場合は内海ふれあいホールに停めて歩いていく方がいいかもしれません。

歩いて長澤邸へ向かっている途中でアートを発見!

散策しながら、島の魅力も見つけるのも楽しみですね。

矢印の貼り紙をたどっていくと、その先に長澤邸があります。

長澤邸

中に入ると青い世界が広がっていました。これは、海をイメージしているのでしょうか。

他には着物で表現してあるものや、ウクライナ情勢を題材にした現代アートなどがあって、部屋ごとに雰囲気が違うのがおもしろかったです。

最後に「7.テレレ/アルゼンチンカフェギャラリー」へ行きました。

お店には、車が3台ほど停められるスペースがあります。

絵とお茶テレレ」は通常土・日・月曜日のみ営業ですが、開催期間中は営業日も含めた金曜日も開いているそうです。

絵とお茶テレレ

店主で画家でもある小川憲一(おがわ けんいち)さんの作品が展示してありました。

おわりに

7つの展示会場すべて行けなかったので、後日家族と一緒に出かけようと思います。

開催期間中には、イベントもあるのでこちらもぜひ行ってみてくださいね。

アートパフォーマンス
5月13日(土)出演:相良ゆみ(ダンス)/小林晃子(朗読)
午後2時~ cafe&galleryうみと(福山市内海町2407 内海ふれあいホール2階)
午後4時~ 家廻公園(福山市内海町1047)

〈イベント情報〉
開催日:2023年4月21日(金) ~ 5月14日(日) 金・土・日・祝日のみ開催

※但し、5月1日(月)・2日(火)は開催しています
開催時間:午前10時~午後5時
会場:福山市内海町(田島・横島)
連絡先:090-5379-9606 内海リボーン 中西和雅


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ