ニュース

【businessinsider】マイクロソフトのナデラCEOがAIの実力を試す時に使うプロンプトとは/Jun. 21, 2023

【businessinsider】

Jun. 21, 2023

マイクロソフトのサティア・ナデラCEO。

Sean Gallup/Getty Images

  • マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、AIの能力を試す際によくやることがある。
  • それは、ペルシャの詩人ルーミーの作品を翻訳させることだ。
  • GPT-4をそれでテストすると「2つの言語の境界を越えて、詩の心を保ったものだった」という。

あなたがマイクロソフト(Microsoft)のCEOで、OpenAIの最も強力なAIモデル「GPT-4」の初期バージョンをテストしているとしたら、GPT-4に何を聞くだろうか。

サティア・ナデラ(Satya Nadella)CEOは詩人のジャラール・ウッディーン・ルーミー(Jalaluddin Rumi)の作品を翻訳させるようだ。ワイアード(Wired)のインタビューで彼はそう答えている。

「私がいつも使うようなクエリがある。機械翻訳はずいぶん前から使われており、これまでに多くの素晴らしいベンチマークを達成してきたが、詩の深い意味を捉える繊細さには至っていなかった。インドのハイデラバードで育った私は、ペルシャ語の詩、特にウルドゥー語に翻訳され、さらに英語にも翻訳されたルーミーの作品を読めるようになるのが夢だった。そしてGPT-4はそれを一発でやってのけたのだ。単なる機械翻訳ではなく、2つの言語の境界を越えて、詩の心を保ったものだった。それはとてもクールなことだ」

洪水、干ばつ、山火事……なぜ「気候災害」は増え続けるのか
洪水、干ばつ、山火事……なぜ「気候災害」は増え続けるのか
Sponsored by The Asahi Glass Foundation

ナデラは何を言いたいのだろうか。

ルーミーは13世紀初頭に活躍したペルシャの詩人で、彼の作品は世界中で広く賞賛されており、BBCは彼を「アメリカで最も売れている詩人」と称している。ソーシャルメディアのユーザーから、コールドプレイのフロントマンのクリス・マーティン(Chris Martin)や、マドンナ(Madonna)、女優のティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)などの有名人に至るまで、彼の作品は広く愛されている。

13世紀のペルシャの詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの肖像画。

13世紀のペルシャの詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの肖像画。

Hossein Behzad / Public Domain


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ