ニュース

平和の意義を考えていかねばならない

 

78年前の今日8月8日の夜、福山大空襲により福山市の市街地は、焦土と化しました。
多くの市民が犠牲となりました。
戦後、戦災復興都市に指定され、瀬戸内の工業都市として、発展しましたが、戦災直後のこの写真が撮られた当時から、今の都市の姿を想像することは出来なかったと思います。
戦後、地道に重ねてこられた市民の努力に思いを馳せながら、平和の意義を考えていかねばならないと感じます。


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ