ニュース

【visualcapitalist】世界に電力を供給する電力源は何ですか?/202..9.10

【visualcapitalist】

202..9.10

エネルギー

世界に電力を供給する電力源は何ですか?

グラフィック/デザイン:

2022 年の燃料別電源

2022 年の世界を動かしたものは何でしょうか?

これはもともとElementsに投稿されたものです。無料のメーリング リストにサインアップして、実際の資産とリソースのメガトレンドに関する美しい視覚化を毎週入手してください。

2022 年には、世界中で 29,165.2 テラワット時 (TWh) の電力が生成され、前年比 2.3% 増加しました。

この視覚化では、最新の「 世界エネルギーの統計的レビュー」のデータを参照し、2022 年の世界に何が電力を供給したかを尋ねます。

石炭は依然として王様だ

電力に関しては依然として石炭がトップであり、2022 年の世界の発電量の 35.4% を占め、次いで天然ガスが 22.7%、水力発電が 14.9% となっています。

燃料による動力

出典: エネルギー研究所

世界の石炭発電総電力量の 4 分の 3 以上が、わずか 3 か国で消費されています。中国は世界の石炭需要の53.3%を占め、石炭の最大の利用国であり、インドが13.6%、米国が8.9%と続く。

電気、冶金、セメント製造のための石炭の燃焼は、世界で唯一 最大の CO2 排出源です。それにもかかわらず、発電におけるその使用は、実際には、日本の京都で最初の世界的な気候協定が署名された1997年以来、91.2%増加しました。

再生可能エネルギーの増加

しかし、非再生可能エネルギーが太陽の下で時間を楽しんでいるとしても、その寿命は限られている可能性があります。

2022 年には、風力、太陽光、地熱などの再生可能エネルギーが総発電量の 14.4% を占め、太陽光と風力の大幅な伸びに牽引されて、年間成長率 14.7% という驚異的な数字を記録しました。対照的に、非再生可能エネルギーは貧血の 0.4% にとどまりました。

国際エネルギー機関を含む多くの人が水力発電を「十分に確立された再生可能電力技術」とみなしているにもかかわらず、統計レビューの著者らは再生可能エネルギーの計算に水力発電を含めていない 。

水力発電が再生可能エネルギーに移行すると、2022 年に発電される電力全体の 29.3% 以上を占め、年間成長率は 7.4% となります。

フランスの核恐ろしい年

今年の報告書でもう一つ大きな動きとなったのは原子力エネルギーだ。

ウクライナのザポリージャ 原子力発電所の 混乱に加え 、4基の原子炉の安全注入システムで見つかった腐食に対処するためにフランスの原子力発電所が停止 したことにより、世界の使用量は前年比4%減少した。

同国の原子力エネルギーによる発電量は2022年に22%減の294.7TWhとなった。その結果、フランスは世界最大の電力輸出国から純輸入国に転じた。

未来に力を与える

機械エネルギーを電気エネルギーに変換するプロセスは比較的簡単です。確かに現代の発電所は工学的には驚異的ですが、  1831 年にマイケル・ファラデーが発明した最初の発電機と同じ原理で動作します 。

しかし、機械エネルギーをどのようにして得るかが、事態が複雑になるところです。石炭は第一次産業革命を推進しましたが、その過程で地球を加熱しました。風は自由できれいですが、信頼性がありません。核分裂は確実に排出のない電気を生成しますが、放射性廃棄物も生成します。

夏には世界中で気温記録が樹立されており、こうした緊張を解決することは単なる学術的な問題ではなく、来年の報告書はクリーンエネルギーの未来に対する世界の取り組みを試す重要なテストとなる可能性がある


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ