ニュース

【visualcapitalist】世界最大の石油生産国/2023.9.21

【visualcapitalist】

2023.9.21

チャート: 世界最大の石油生産国

記事・編集:

グラフィック/デザイン:

2022 年の最大の石油生産者による 1 日あたりの生産量のグラフ。

チャート: 2022 年の世界最大の石油生産国

ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー市場の混乱が一年続いた後、2022 年の原油価格は 1 バレルあたり 100 ドルを超え、8 年ぶりの高値に達しました。

石油会社は利益を倍増させ、世界最大の産油国の経済は大きく活性化した。

しかし、世界の石油供給の大部分を担っているのはどの国でしょうか? エネルギー協会による世界エネルギーの統計的レビューのデータを使用して、世界最大の石油生産国を視覚化し、ランク付けしました。

ランキング: 国別の石油生産量 (2022 年)

米国2018年以来世界最大の石油生産国であり、日量1,800万バレル(B/D)近くを生産することで2022年もその優位性を維持した。これは世界の石油供給量のほぼ5分の1を占めた。

国の石油生産量のほぼ 4 分の 3 は、テキサス、ニューメキシコ、ノースダコタ、アラスカ、コロラドの5 つの州を中心に集中しています。

以下に世界の他の主要な石油生産者をランク付けします。

ランク 2022年生産
(千B/D)
前年比変化率 世界供給シェア
1 🇺🇸 17,770 +6.5% 18.9%
2 🇸🇦サウジアラビア 12,136 +10.8% 12.9%
3 🇷🇺ロシア 11,202 +1.8% 11.9%
4 🇨🇦カナダ 5,576 +3.0% 5.9%
5 🇮🇶イラク 4,520 +10.2% 4.8%
6 🇨🇳中国 4,111 +2.9% 4.4%
7 🇦🇪アラブ首長国連邦 4,020 +10.4% 4.3%
8 🇮🇷イラン 3,822 +4.6% 4.1%
9 🇧🇷ブラジル 3,107 +3.9% 3.3%
10 🇰🇼クウェート 3,028 +12.0% 3.2%
11 🇲🇽メキシコ 1,944 +0.9% 2.1%
トータルワールド 93,848 +4.2% 100.0%
55 件中 1 ~ 11 件を表示
前の

石油生産においてアメリカが大きくリードしている背後で、サウジアラビア(第 2 位)は 1,200 万 B/D を生産し、世界の供給量の約 13% を占めています。

ロシアは2022年に1,100万B/Dで3位となった。これら上位3大産油国とカナダ(4位)、イラク(5位)を合わせると、世界全体の石油供給量の半分以上を占める。

一方、6位から10位までの中国、UAE、イラン、ブラジル、クウェートを含む上位10位の産油国は、世界の石油生産量の70%以上を担っている。

特に、上位10位の石油大手はすべて2021年から2022年にかけて生産量を増加し、その結果、世界の生産量は前年比4.2%増加した。

2022 年の主要産油地域

中東は世界の石油生産の 3 分の 1 を占め、北米がさらにほぼ 3 分の 1 を占めています。独立国家共同体 (ソ連崩壊後の国々の組織) も地域の主要な石油生産国であり、世界生産量の 15% のシェアを占めています。

地域 2022年生産
(千B/D)
前年比変化率 世界供給シェア
中東 30,743 +9.2% 32.8%
北米 25,290 +5.3% 27.0%
CIS 14,006 +0.9% 14.9%
アフリカ 7,043 -3.5% 7.5%
アジア太平洋地域 7,273 -1.4% 7.8%
中南米
_
6,361 7.2% 6.8%
ヨーロッパ 3,131 -8.6% 3.3%

しかし、このデータではっきりと明らかなのは、ヨーロッパの石油生産に占めるシェアが低下しており、現在は世界供給量の3%となっている。EUの石油生産量は、環境規制の強化や天然ガスへの移行などさまざまな要因により、過去20年間で50%以上減少した。

地域生産を観察するもう一つの視点は、世界の石油生産量の約 35% と世界の石油埋蔵量の約 70% を管理している OPEC 加盟国です。

2022 年の最大の石油生産者による地域の 1 日あたりの生産量を示すピクトグラム。

OPECが関係する石油輸出国10カ国グループ(OPECプラスとして知られる)を考慮すると、石油生産のシェアは世界供給量の半分以上に増加する。

石油の大きなバランス調整法

石油は現代経済の生命線であるため、大量の石油生産を管理している国々は、政治的、経済的に多大な利益も得ています。地域全体が急速に繁栄し、資源の支配をめぐって戦争が行われてきました。

同時に、再生可能エネルギーに軸足を移す継続的な取り組みにより、多くの主要石油輸出国は経済の多角化を推進している。注目すべき例はサウジアラビアで、同国の政府系ファンドはウーバーやウィーワークなどの企業に投資している。

しかし、石油は世界のエネルギー需要のほぼ 3 分の 1 を供給しているため、世界は依然として石油を必要としています。


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ