ニュース

【kurashinista】「応対」と「対応」の違い、わかりますか?知らないと赤っ恥!?【意外と知らない日本語】/2023.10.21

【kurashinista】

2023.10.21

ビジネスシーンでよく使う「応対」と「対応」。同じ漢字を入れ替えただけで、意味は同じでしょ?と思っていたら大間違い!知らないと恥ずかしい思いをするかも…!?

「応対」と「対応」、ココが違う!

「応対」と「対応」、この2つの違いは簡単にいうと対象が人かどうか。

「応対」は人に対して何らかの受け答えをすることに対し、「対応」は状況を対象に処理をすることです。

お客様からの電話の受け答えすることまでは「応対」で、お客様からの要望を受けて行動した場合は「対応」となるのです。

どうやって使い分ける?具体例を紹介!

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ