ニュース

【grapee】口の狭いペットボトルに、水をこぼさず入れられる! 警視庁のアイディアに反響/2024-01-11

【grapee】

2024-01-11

自然災害は、いつどこで起きるかが分かりません。

災害時に困ることといえば、断水。避難所に来た給水車から水をくむ場合、ペットボトルなどの容器を持っていくでしょう。

しかし、給水車のホースや蛇口が大きい場合、ペットボトルの飲み口に合わず、うまく水を入れられないことがあるとか。

警視庁警備部災害対策課のX(Twitter)アカウントは、そんな時に役立つアイディアを紹介しました。

アルミホイルがあれば、簡易漏斗になる!

ペットボトルにうまく水を入れられない時は、アルミホイルがあれば『簡易漏斗』を作ることができます!

やり方は、正方形に切断したアルミホイルを四つ折りにし、中心部を飲み口に軽く押し込み、形を整えるだけ。

普段の生活で急に漏斗が必要になった時にも、役に立ちそうですね。

なお同アカウントでは、アルミホイルをスプーンにしたり、冷え対策に使ったりするアイディアも紹介していました。

日常生活だけでなく、非常時でもさまざまな使い方ができる、アルミホイル。

非常用持ち出し袋に入れておくと、いざという時に活躍しそうですね。


[文・構成/grape編集部]


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP