ブログ記事

6月23日は、沖縄慰霊の日です。

6月23日は、沖縄慰霊の日です。
第二次世界大戦で、沖縄はいわゆる本土決戦の前哨戦、正確には本土決戦の防波堤として、米軍と凄まじい戦いが行われました。
6月23日は、沖縄での旧日本軍の事実上の戦闘が終わった日ということから、慰霊の日となっています。
沖縄県民は、様々な矛盾を感じながらも、多くの犠牲者が出ました。
「沖縄県民は、かくも戦かえり 後世に格別のご配慮を賜らんことを」
この言葉を残して、自決された大田実海軍中将の言葉を、高校時代の修学旅行で訪れた沖縄で学んだ事をあらためて思い返しています。
歴史が風化することの無いよう、学び続けることの意味を大切にしていきたいと思います。



沖縄タイムス
全国75.5%の人たちが知らなかった沖縄の「慰霊の日」 きょう沖縄戦から76年
2021年6月23日 06:16
きょう6月23日は沖縄戦で旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる日から76年にあたる「慰霊の日」。1965年に制定されており、この日は沖縄では役所や学校は休みになる。各地では追悼式が開かれ、平和への祈りに包まれる一日だ。一方で、沖縄タイムスとヤフーとの共同アンケートでは、全国からの回答者2000人のうち、75.5%にあたる1509人が慰霊の日を「知らなかった」と回答した。慰霊の日を元々知っていたかどうかは人から直接話を聞いたり、学校教育で沖縄戦について学んだりした経験が関係していることがアンケート結果から読み取れた。(文:比嘉桃乃、データ分析:宮城博一)
アンケートでは75.5%にあたる1509人が慰霊の日を「知らなかった」と回答。「知っていた」のは24.6%(491人)にとどまった。


 

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP