ブログ記事

【NHK】全国の人々が参加し、リサイクルされた金属を使用してメダルを製造したという事実に「金メダル」を贈りたい。

東京オリンピック・パラリンピックでみんなが注目する、メダル。実は「リサイクルを進めよう」というメッセージが込められています。
中学入試に、メダルについてのこんな問題が出ていました。

問題に挑戦!

問題に挑戦!
問題
東京2020オリンピック・パラリンピックで選手に贈られるメダルの原材料が、どのように集められたのかを知っていますか。今までは金・銀・銅の天然鉱物が主な原材料でしたが、今回は初めてリサイクル素材だけを原材料としてメダルを作るという内容の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」によって、5千個以上のメダルに必要とされる、およそ金32kg、銀3,500kg、銅2,200kgが確保できたそうです。

(リサイクル素材だけを原材料としてメダルを作るという内容の「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に下線)

下線部について、何をリサイクルしたものですか。都市鉱山の意味をあきらかにした上で、20字以内で答えなさい。

(早稲田実業学校中等部 2021年)

金32kgって、すごい量ですよね。
携帯電話などを集めたというニュースを覚えている人もいるのではないでしょうか?

正解は、「使われなくなった小型家電の部品」です。
2年かけて、必要なメダルおよそ5000個分を確保しました。

都市鉱山 さまざまな金属が

都市鉱山 さまざまな金属が
問題にもある「都市鉱山」ですが、使われなくなった家電などには金・銀・銅をはじめ、レアメタルなどの貴重な金属が含まれていて、それが、いわゆる山奥の鉱山のような場所ではなく、ごく身近な家庭や企業に眠っていることから、こう呼ばれています。

都市鉱山からリサイクルする意義について、メダルプロジェクトを提唱したひとりで、金属のリサイクルに詳しい、原田幸明さんに聞きました。
かなりの量の金・銀・銅が集まったと思いますが、それだけ都市には眠っているということでしょうか。

原田さん
「まだまだ一部ですね。今回は、ほんの一部を掘り起こすことができたということになると思います。銀が多いのは、金メダルは、銀のメダルの上に金メッキをするからです」
プロジェクトのキーワードが、「都市鉱山」。
小型家電などは、その役目を終えても、リサイクルできる、さまざまな金属を秘めている。
それが、名前の由来です。
スマートフォンで見てみます。
原田さんによりますと、たくさんの金属などが使われているんです。
例えば金は、心臓部にあたる「プロセッサー」などで、高い性能を支えています。
原田さん
「スマートフォンは、都市鉱山の塊みたいなものです。いちばんわかりやすいのは、金メダル1個のメッキに、どのくらいスマートフォンが使われているかということですが、大体200個です」
スマートフォン200個…案外遠い話ではない、と思いませんか?

都市鉱山 眠れる資源を生かせ

日本の都市鉱山の規模は、どれくらいなのでしょうか。
原田さん
「大体、日本の年間での需要の20年から40年分は、大抵の金属資源に関してはあります」
では、その都市鉱山を、私たちはどれほど生かせているのでしょうか。
「金」でみてみると、国内で、使われなくなると見込まれる小型家電に含まれる量に対し、リサイクルされているのは、8%ほどだということです。

日本は、資源に乏しいと言われていますが、見方を変えると、自国の中にいっぱい眠っているということですね。

原田さん
「『資源が乏しい』というのは間違いで、『天然資源が乏しい』のです。世界中から資源を集めてきて使っているので、自分たちの手元には、実はいっぱい残っているんですよ」

都市鉱山 環境負荷を減らせ

原田さんは、都市鉱山からのリサイクルは、環境への負荷を減らす意味でも進めるべきだといいます。
天然の鉱山から金属を採ることが、実は環境に悪影響を与えているからです。
原田さん
「天然の資源の採掘は、量的には大変な資源(鉱石)を消費するんです。例えば金は、1gを採るのに、1t以上の資源(鉱石)が要ります。金の鉱石という石があるとすると、金は1gしか入っていないんです」
掘ったあとの残りの1tは、どうなるのでしょうか。
原田さん
「処理しなければいけないけれど、安くするために、どこかに埋め立て場をつくって、有害物質と一緒に捨ててしまうこともあります」
今回のメダルプロジェクトは、廃棄物を一切出さなかったことが、大きな特徴です。
例えば、携帯電話1台を分解しただけでも、さまざまな素材の部品が出ますが、これらを100%リサイクルしたんです。
原田さん
「集めたものは、全部何かに使われている。廃棄物にしないで生かされています。例えば、スマートフォンのガラスはメダルになりません。メダルにならないけれど、セメントの中に入れて再利用しています。そういうふうにして、廃棄物を出さない方式で日本は処理できるんです」
スマートフォンの中でも使えるところを抽出して、ほかはまた廃棄されているのかと思ったら、全然違うんですね。
プラスチックの部分とか、リサイクルするより捨てたほうがよっぽどコストがかからないのではないかと想像してしまいますが…
原田さん
「捨てるということは、経済的には安いかもしれませんが、その環境での処理まで経済に入れて考えたら、実は高いコストを、誰かが別で払っているんです」

都市鉱山 メダルに込めた思いとは

都市鉱山 メダルに込めた思いとは
世界は、「脱炭素社会」、「カーボンニュートラル」を目指しています。
都市鉱山からのリサイクルの必要性は、これからますます高まると、原田さんは言います。
再生可能エネルギーを生み出す太陽光パネルには、銀が欠かせませんし、送電用のケーブルには、銅が欠かせないのです。
原田さん
「金・銀・銅は、いちばん電気を流しやすい物質なんです。だから、『カーボンニュートラル』で、再生可能エネルギーになったら、金・銀・銅が、いちばん必要なんです。身近にある資源を使い、有害物を出すようなものをきちんとリサイクルで処理できるようにしてほしい。この2つが、今度のオリンピックのメダルに込められて、レガシーとして伝わっていくことを期待しています」
原田さんによりますと、冷蔵庫などの大型の家電は比較的リサイクルが進んでいますが、小型家電は、まだまだ進んでいません。
その理由には、携帯電話のように小さいものは、邪魔にならないのでしまいこんでいる人が多い、ということがあるそうです。
画像は、「小型家電リサイクル法」で自治体などが回収する対象の一部ですが、デジタルカメラやドライヤーなど、皆さん、しまいっぱなしにしていませんか?
都市鉱山に眠る資源をもっと生かすためにも、こうしたものをリサイクルに回してほしい、と原田さんは話していました。
オリンピックでアスリートの胸に輝くメダルを見たら、「都市鉱山」、このことばを思い出してみてください。
「週刊まるわかりニュース」(土曜日午前9時放送)の「ミガケ、好奇心!」では、毎週、入学試験で出された時事問題などを題材にニュースを掘り下げます。
「なぜ?」、実は知りたい「そもそも」を、鎌倉キャスターと考えていきましょう!

コーナーのホームページでは、これまでのおさらいもできます。
下のリンクからぜひご覧ください!

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP