ニュース

【中国新聞】福山の地元中学用に国内最大手のカイハラが開発/2022/09/25

【中国新聞】

デニムを使って仕立てた制服の試作品

 広島県福山市新市町の新市中央中が来春、町内に本社があるデニム製造の国内最大手、カイハラのデニムを使った制服を導入する。2校の統合で4月に誕生した学校に一体感を生み出そうと、地元有数の企業の生地を取り入れる。制服としての品質を確保するため、デニムの特色である色落ちを防ぐ生地を同社が生み出し、保護者たちの思いに応えた。

 カイハラが学校の制服用に生地を造るのは初めてとなる。洗濯や摩擦による色の変化を防ぐため、1年余りかけて素材を考案。あらかじめ染色した繊維を使って生地を織り、濃紺の色合いを長期間保てるようにした。また、ジーンズよりも軽い着心地にするため、細い糸を使って薄手に仕上げた。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP