ニュース

【shufuse】目の前で交通事故が起こったら『必ずすべき3つの行動』/2022.10.17

【shufuse】

目の前で交通事故が起こったら『必ずすべき3つの行動』

ある日、目の前で交通事故が起こった場合、皆さんはどのような行動を取るべきかわかりますか。突然のことで慌ててしまう人も多いでしょう。この記事では、目の前で交通事故が起こった時に『必ずすべき3つの行動』を紹介するので、交通事故を目撃した時のために、参考にしてください。

目の前で交通事故が起こったら慌てず冷静に対処して

車の衝突事故

もしも自分の目の前で交通事故が起こったら、どのように行動するべきかご存知でしょうか。意外といざその現場を目の当たりにすると、慌ててパニックを起こしてしまい、どうすればいいかわからないと戸惑ってしまう人は多いです。

交通事故を起こした当事者は、冷静に対処できる人もいれば、パニックになり自分で対応できないことも多くあります。

その場合、周囲でその現場を目撃していた人々が慌てず冷静に素早く対処することで、怪我人がいる場合は早急に病院で治療してもらうことができますし、交通状況をいち早く問題解決へと導くことができます。

目の前で交通事故が起こったら『必ずすべき3つの行動』

もしも目の前で交通事故が起こったら、目撃した人が必ずすべき行動が3つあります。もしも自分がその場に居合わせたら、この3つの行動だけでも冷静に対応できるように心得ておきましょう。

1.当事者が無事であるかどうか確認する

まずは事故を起こした当事者が無事であるかどうかを確認しましょう。怪我をしているようであれば、すぐに周囲の人々が通報し、必要な処置をしてもらう必要があります。

周りから声をかけてみたり、車内の様子を窺ったりし、被害者はもちろん、加害者も無事であるかどうか確認することが最優先です。

2.事故の状況をスマホのカメラ機能などで記録しておく

事故の状況をスマホのカメラで撮影することを躊躇する人は多いでしょう。不謹慎だと思う人もいるかもしれません。しかし、事故の状況をスマホのカメラ機能などで記録しておくことで、警察が来た時に証言として役立つ可能性が大いにあります。

特に加害者側が当て逃げや轢き逃げをしている場合は、車のナンバーなどが写真や動画に写り込んでいる可能性もあります。こうした情報は、犯人特定に役立つため、可能であればスマホのカメラ機能を使い、記録しておきましょう。

もしも目の前で事故が起こった時、自家用車などを運転しており、ドライブレコーダーで記録できている場合は、そのドライブレコーダーの記録を警察に見せましょう。

3.当事者が自分で通報できない場合は代わりに通報する

当事者が無事であるかどうか確認した際、怪我を負っていたり、パニック状態に陥っていたりする場合は、自分で通報できないことが多いです。

その場合は、周囲で事故の状況を目撃していた人々が、代わりに警察や消防に通報する必要があります。この行動を早く取ることで、怪我をした当事者の命を救うことにもつながりますし、交通状況を早期に整理することにもつながります。

目の前で交通事故が起こった時にすべきでない行動は?

車内でメモを取っているところ

目の前で交通事故が起こった時、以下のような行動は絶対にやめましょう。

  • 交通事故の状況を撮影した写真や動画をSNSにアップする
  • 実況見分に応じる際に嘘をつく(話を大袈裟に盛ってしまうなど)

最近では、SNSなどに交通事故が起こった時の様子がアップロードされていることがあります。しかし、交通事故の動画や写真には、車のナンバーや顔など個人情報が含まれていることもあります。

すると、後ほど肖像権の侵害として訴えられる可能性が出てきたり、トラブルの原因となったりする恐れがあります。何より不謹慎です。

また、警察が到着した後に行われる実況見分において、話を大袈裟にしたり嘘をついたりする行為は絶対にやめましょう。現場検証の妨げとなりますし、嘘をついていることが発覚した場合、犯人隠避剤や偽証罪に問われてしまう恐れがあります。

目の前で交通事故が起こっても通報義務はない

目の前で交通事故が起こった場合、絶対に通報しなければいけないかと問われると、実はそのような義務はありません。

しかし、後々その事故で重症者がいたことを知ったり、最悪の場合、当事者が亡くなってしまったことを知ったりした場合、罪の意識に苛まれてしまう人も多いでしょう。

もしも急ぎでないのであれば、今回紹介したような目の前で交通事故が起こった時にすべき行動を速やかに取りましょう。

目の前で交通事故が起こったらすべきことを優先しよう

目の前で交通事故が起こったら、慌ててしまったり、何をすればいいのかわからないと戸惑ってしまう人も多いでしょう。

今回紹介した3つの行動を取ることで、当事者の命を助けることができたり、交通状況の緩和につながったりします。もしも目の前で交通事故が起こったときは、今回紹介した行動を速やかに実践してください。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP