ニュース

【TSS】ウナギとフナの稚魚を放流 光小学校の4年生が芦田川の生態を勉強/2022.10.17

【TSS】

2022.10.17

福山市で、児童らがウナギとフナの稚魚の放流を体験しました。

芦田川の資源保護活動を子どもたちに知ってもらおうと、30年ほど前から続いている取り組みには福山市立光小学校の4年生およそ80人が参加しました。
放流するのは…ウナギとフナの稚魚。地元の漁業協同組合が芦田川で捕まえ育てました。

組合によりますと、ブラックバスなど外来魚やカワウによる捕食、さらに河口堰の影響で年々、海から遡上するウナギは減っているということです。

(児童は)
「(ウナギが)ヌルヌルしてとても掴みづらかったです」
「ウナギ(の生態)や(捕食する)鳥について勉強したいです」
「ゴミをたくさん拾って(芦田川の)水質をきれいにしたい」

組合では子どもたちが芦田川の生態に関心を持てるよう、取り組みを続けていきたいとしています。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP