ニュース

【ジョーダン.シャクテル】コロナ時代にインフルエンザはどのようにして「消えた」のか/2023/06/24

 


【WHO公式Webサイト】FluNet の概要

このコンテンツの最終更新日は 2023 年 6 月 27 日です。

108 の国、地域、地域の国立インフルエンザ センター (NIC) およびその他の国立インフルエンザ研究所は、2023 年 5 月 29 日から 2023 年 6 月 11 日までの期間のデータを FluNet に報告しました* (データは 2023/06/23 07:09:51 AM 時点) UTC)。WHO GISRS 研究室は、その期間中に 262,237 件を超える検体を検査しました。6709 人がインフルエンザウイルス陽性で、そのうち 4221 人(62.9%)がインフルエンザ A に、2488 人(37.1%)がインフルエンザ B に分類されました。亜型化されたインフルエンザ A ウイルスのうち、2009 人(73.6%)はインフルエンザ A(H1N1)pdm09 でした。 719 人 (26.4%) がインフルエンザ A(H3N2) でした。系統が決定された B 型ウイルスのうち、すべて (321) が B/Victoria 系統に属していました。

出典: Global Influenza Surveillance and Response System (GISRS) からの研究室確認データ。

1995年5月2日~2023年6月26日の機関において発生したインフルエンザについて(WHO公式Webサイト参照)

2018年10月28日~2023年6月26日の機関において発生したインフルエンザについて(WHO公式Webサイト参照)

  • MMWR / 国際規格 ISO 8601: 22 週目および 23 週目

(以上、WHO公式Webサイトより)




あくまでも、展開されている多くある中の「単純で大いなる疑問」の一つが、具体的な数値と統計を基に、その疑問に対する答えの一端を示しているかもしれないという資料と記事です。転載した記事の全てにおいて完全で正しいという意味ではありません。
コロナ禍の約3年間、風邪らしき体調を崩さなかったのは「マスク」「手洗い」「ソーシャルディスタンス」などのおかげだと感じています。
今回掲載したWHOが公式に発表している「インフルエンザ」の数値には、「インフルエンザとコロナ」の関係が透けて見えるような気がします。
(注意)機械翻訳のため、日本語として意味不明な部分があります。その際は元のWebサイトの英語版を参照してください。

2023.7.7(K)

以下転載引用


コロナ時代にインフルエンザはどのようにして「消えた」のか>クリック

コロナ時代にインフルエンザはどのようにして「消えた」のかHow the Flu “disappeared” during the Covid era

インフルエンザは消滅したのではなく、単に新型コロナウイルスという名前に変更されただけです。CDC 分子診断研究所の長年の主任科学者によるさらなる解説付き。

調査ジャーナリスト
ジョーダン・シャクテルJORDAN SCHACHTEL

2023/06/242023/06/24

「パンデミック」の最大の謎の 1 つは、インフルエンザが消滅したとされることに関係しています。インフルエンザは新型コロナウイルスのヒステリーの時代に本当に消えたのでしょうか、それとも何か別のことが進行しているのでしょうか?

壮大な謎をミーム形式で紹介します。

さて、ここ数年の混乱とパニックの中で、インフルエンザが消滅したと考えられることについて多くの説明がなされてきました。ロックダウン実施者とその認定機関は、新型コロナウイルスには効果がなかったにもかかわらず、マスクはインフルエンザを阻止するのに効果があるとしばしば主張しました(笑) 。新型コロナウイルスにはインフルエンザ株を打ち負かすある種のウイルス優勢効果があると主張しました。

しかし、どちらの説明も「インフルエンザはどこへ行ったのか」という謎を実際には解決していない。But neither explanation really solves the “where did the flu go” mystery.

証拠は、インフルエンザが消滅した主な理由が 2 つあることを示しているようです。それは、インフルエンザ検査キットの物理的な消滅と、インフルエンザが実際に何を意味するのかについての誤解です。

  1. 医療システムではインフルエンザ検査が物理的に利用できなかった

この文書では、病院のシステム記録とサプライチェーン管理にアクセスできる複数の個人と組織を調査し、何が起こったのかをより詳細に描くために多くの逸話情報をまとめました。

少なくとも米国では、新型コロナウイルスのヒステリーの時期、特に2020年から2021年にかけて、インフルエンザ検査へのアクセスが事実上まったくなかったことがわかりました。事実上すべての検査メーカーが新型コロナウイルス検査に軸足を移し、インフルエンザキットは後回しになりました。ファーマ・アンド・ガバメント・ヘルスによると、ヘルスケアの観点からもビジネスの観点からも、新型コロナウイルス感染症の方がはるかに大きな優先事項だったため、インフルエンザ業界はもはや儲からなくなり、追い詰められたという。

ただし、2 番目の理由はさらに重要です。

  1. インフルエンザは適切な文脈で理解されていない

新型コロナウイルス検査産業複合体covid testing industrial complex(ピーク時には年間1000億ドルを優に超える収益をもたらした)が設立されるまでは、インフルエンザはほとんどの場合、綿棒検査ではなく症状によって診断されていた。

そして繰り返しになりますが、新型コロナウイルスの症状はインフルエンザの症状とほぼ同じです。

ほとんどの場合、「インフルエンザ」とは伝統的に、ウイルス性インフルエンザの診断ではなく、「インフルエンザ」という広いカテゴリーに分類される無数の潜在的な症状の一般的な診断として理解されています。

医師が「インフルエンザ」と診断した症例のうち、実際にインフルエンザ株に由来する症例はほとんどありません。これが、新型コロナウイルスをインフルエンザとして、しかしより恐ろしいブランディングで理解するのに最適な根拠となる理由です。インフルエンザと新型コロナウイルスはどちらも同じ症状を共有しているため、インフルエンザの潜在的な症例/病気/死亡は、通常、新型コロナウイルスの症例/病気/死亡として診断されます。

しかし、謙虚な特派員からは十分です。この問題をよく知っている人からのより詳細な回答を読んでみましょう。

また、私はこの質問をノーマン・ピエニアゼク博士にも投げかけました。彼は疾病管理センター(CDC)で分子診断研究室の責任者として24年間働いた著名な分子生物学者です。ピエニアゼク博士は PCR 検査診断の専門家であり、「パンデミック」の背後にある粗末な科学について興味深い視点を持っています。)

私の質問に対する彼の答えは次のとおりです。

ノーマン・J・ピニアゼク博士より:From Dr. Norman J. Pieniazek:

新型コロナウイルス感染症のパンデミック中にインフルエンザは消滅したのでしょうか?

この質問に答えてみます。ただし、その前に、風邪とインフルエンザ (インフルエンザ) という用語について説明する必要があります。

風邪の原因となるウイルスは 200 種類以上あり、米国では推定年間 10 億件の風邪に苦しんでいる人がいることをご存知ですか (1)。とはいえ、誰が風邪やインフルエンザに罹患しているのかを明確に言えるでしょうか?

新型コロナウイルス感染症の症例を監視するために使用される技術である PCR についてはどうですか? 残念ながら、少なくとも 2 つの理由から、PCR は気道の感染症の診断には実用的ではないことが判明しました。

最初の問題は診断サンプルです。鼻孔の奥(鼻腔スワブ)、喉(中咽頭スワブ)、および鼻咽頭(鼻咽頭スワブ)から採取された粘液サンプルは、本質的には人間のエアフィルターをテストします。鼻腔には、ダイソン掃除機の原理と同様に、空気の渦を引き起こす隆起があります。鼻腔と気道全体は粘液で覆われているため、ウイルス、細菌、花粉、真菌の胞子、粉塵が捕捉されます。粒子が捕捉されたこの層は、繊毛細胞によって気道の外に移動します (2)。粘液を PCR で検査した場合、エアフィルターにウイルスの一部が検出されても、そのウイルスが感染の原因であるとは限りません。スワブに関するこの問題は長い間知られていました (3)。気管支肺胞洗浄(BAL)が気道ウイルス感染症の検出に最も適した検体であるというのがコンセンサスです。

2 番目の問題は上記で示されました。考えられる感染原因 (病因) は 200 以上あるため、すべての容疑者を検査することは不可能です。科学的研究 (3、5) では、プロジェクトに登録されている患者を診断するためにあらゆる手段が講じられますが、この方法では監視を行うことはできません。

CDC は、米国国民の風邪を監視する監視システムを開発しました。このシステムは、発熱、咳、喉の痛みなどの呼吸器疾患の訪問を監視します。このような訪問は、インフルエンザ様疾患 (ILI) として分類されます。この指定は検査室で確認されたインフルエンザを意味するものではなく、同様の症状を引き起こすすべての呼吸器病原体による患者の来院を捉えていることに注意してください(6)。このシステムに加えて、CDC は確認されたインフルエンザ症例に関するデータを収集しています (7)。ただし、通常、検査されたサンプルのうち陽性となるのはわずか約 1% です。重要なメッセージは、米国でのインフルエンザの年間症例数が何人なのか誰も知らないということです。報告されているILIの数は氷山の一角にすぎない可能性があります。

2020年1月に武漢ウイルスが出現すると、それまでのシーズンの教訓はすべて忘れ去られました。人々は症状がなくても検査を受けることを強制された。これに反する十分な証拠があるにもかかわらず、綿棒から行われる PCR が呼吸器系の感染症診断のゴールドスタンダードとして突然宣伝されました。

もう一つの重要な事実を考えてみましょう。従来の X 線または CAT スキャンで診断された入院肺炎患者を対象に慎重に実施された研究 (4) では、62% の症例で感染の原因 (病因) を特定できませんでした。米国のパンデミック中に、今日の時点で 1 億 7,201,630 人の新型コロナウイルス感染者と 1,166,899 人の新型コロナウイルスによる死亡者がいたということがどうしてあり得るのでしょうか (8)? 他のウイルスはどこに感染しているのでしょうか?原因不明の状態はどこにあるのでしょうか?

答えは簡単です。一つのウイルスだけのPCR検査結果には意味がありません。この詐欺は、呼吸器感染症の診断に精通している人なら誰でも明らかなはずです。

  1. https://www.nih.gov/news-events/nih-research-matters/ Understanding-common-cold-virus/https://www.nih.gov/news-events/nih-research-matters/understanding-common-cold-virus/
  2. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5378048/https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5378048/
  3. https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1500245https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1500245
  4. https://medlineplus.gov/lab-tests/bronchoscopy-and-bronchoalveolar-lavage-balhttps://medlineplus.gov/lab-tests/bronchoscopy-and-bronchoalveolar-lavage-bal
  5. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11741166/https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11741166/
  6. https://gis.cdc.gov/grasp/fluview/main.htmlhttps://gis.cdc.gov/grasp/fluview/main.html
  7. https://www.cdc.gov/flu/weekly/https://www.cdc.gov/flu/weekly/
  8. https://www.worldometers.info/coronavirus/country/us/https://www.worldometers.info/coronavirus/country/us/

コロナ時代にインフルエンザはどのようにして「消えた」のか>クリック

コロナ時代にインフルエンザはどのようにして「消えた」のかHow the Flu “disappeared” during the Covid era

インフルエンザは消滅したのではなく、単に新型コロナウイルスという名前に変更されただけです。CDC 分子診断研究所の長年の主任科学者によるさらなる解説付き。

ジョーダン・シャクテルJORDAN SCHACHTEL

2023/06/242023/06/24

以上転載引用


あくまでも、展開されている多くある中の「単純で大いなる疑問」の一つが、具体的な数値と統計を基に、その疑問に対する答えの一端を示しているかもしれないという資料と記事です。転載した記事の全てにおいて完全で正しいという意味ではありません。
コロナ禍の約3年間、風邪らしき体調を崩さなかったのは「マスク」「手洗い」「ソーシャルディスタンス」などのおかげだと感じています。
今回掲載したWHOが公式に発表している「インフルエンザ」の数値には、「インフルエンザとコロナ」の関係が透けて見えるような気がします。
(注意)機械翻訳のため、日本語として意味不明な部分があります。その際は元のWebサイトの英語版を参照してください。

2023.7.7(K)


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ