ニュース

【arabnews】ヨハネスブルグでのBRICS首脳会議で、新興経済国が多極化する世界秩序に注目/23 Aug 2023

(N)2023.8.24
記事中にある「サウジアラビア、エジプト、インドネシア、パキスタン、UAE、トルコなどだ。関係者によれば、今週のサミットには約50人の首脳が出席する予定だという。」これらの資源・技術大国の国々を含め40カ国以上が加盟に前向きだということですが、世界の資源のこの時点で半分以上を超えるかもしれない。

時代は徐々に変わろうとしているようですが、今回のBRICSサミットにおいて、公式になにかしらの「共同宣言」がなされると思いますが、争いの起こる種だけは避けてほしいと考えます。

これまでの歴史上、このような世界の価値観に変化が出たときには、国同士の大きな争いが勃発する傾向がありますので、資源に乏しい日本はこれらの国々とも良好な関係を保ちつつ、「日本が日本として生きていく」ための「日本人として」大きく厳しい選択をしていくことになると思います。
(N)2023.8.24


【arabnews】

23 Aug 2023

ラマ・アルハマウィ

南アフリカ、ヨハネスブルグ: 今週南アフリカのヨハネスブルグで3日間にわたって開催されるBRICSサミットに参加した世界の指導者たちは、多極化が進む世界における世界経済の未来に目を向けた。

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカのBRICS諸国首脳は、8月22日から24日まで南アフリカ大統領主催で開催される第15回サミットで、貿易、投資、インフラ、気候変動、脱ドルなどについて話し合う。

中国の習近平国家主席は、インドのナレンドラ・モディ首相やブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領と同様に、南アフリカのホストであるシリルラマポーザ大統領に歓迎された。ロシアのプーチン大統領はビデオリンクを通じてサミットに参加した。

サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外相は、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子に代わり、BRICSプラスとBRICSアフリカ対話に参加する王国の代表団を率いている。

中国の習近平国家主席は、ホスト国である南アフリカのシリルラマポーザ大統領に歓迎された。(AP)

サウジアラビアの代表団には、アブドゥルラフマン・アル=ラッシ国際多国間問題担当副大臣、アブドゥルラフマン・アル=ダウッド外務大臣室長、シャヒール・アルコナイニ国際機関局長が含まれる。

BRICS諸国は、経済的な潜在力を共有し、世界経済においてより重要な役割を果たすことを望んでいることで一致している。また、貧困、不平等、気候変動といった共通の課題でも団結している。

BRICS諸国は、世界人口の40%を占め、さまざまな成長レベルの経済で構成されており、自国の利益と影響力の高まりをより反映した世界秩序を望むという点で共通している。

「BRICSの15周年を祝うにあたり、BRICS諸国間の昨年の貿易総額は1620億ドルに達した。

「外国投資はBRICS経済において重要な役割を果たしてきた。我々は、経済成長は包括性による透明性に裏打ちされなければならないという立場を再確認する必要がある。それは、開発アジェンダを支える多国間貿易システムに匹敵するものでなければならない」。

インドのモディ首相は、自国の経済的成果と世界的な成長エンジンとなる可能性を強調した。(写真:Abdulrahman Shalhoub)

実際、これらの国々の経済発展のスピードと規模は大きく、欧米諸国政府は、世界の金融・政治秩序の管理方法について、これらの国々の発言力を否定することはできないとアナリストは考えている。

インドのモディ首相は、火曜日にヨハネスブルグで開催されたBRICSビジネス・フォーラム・リーダーズ・ダイアログで、自国の経済的成果と世界的な成長エンジンになる可能性を強調した。

「世界的な経済情勢の混乱にもかかわらず、インドは世界で最も急速に成長している主要経済国です。「間もなく、インドは5兆ドルの経済大国になるだろう。インドが世界の成長エンジンになることは間違いない」。

今年のサミットで議論されるであろう重要な問題のひとつは、BRICSブロックを拡大し、新たなメンバーを加える可能性である。

中国、ロシア、南アフリカは、緩やかに定義された主要新興経済国のクラブを欧米とその制度に対抗するものに変えるため、拡大に賛成しているが、ブラジルとインドは懐疑的だ。

ブラジルのルーラ大統領は、火曜日にヨハネスブルグから放送されたソーシャルメディアにおいて、BRICSブロックは発展途上のグローバル・サウスを組織することを目的としており、アメリカやG7、G20に対抗するためのものではないと述べた。

ほぼ40カ国がBRICSへの加盟に関心を示している。 (AN写真:Abdulrahman Shalhoub)

それでもルーラ大統領は、同じラテンアメリカの経済大国であるアルゼンチンを含む新メンバーの加盟を支持している。

ビジネスフォーラムでの演説でルーラ大統領は、アフリカ大陸の巨大な未開発の可能性を強調した。「この大陸には54カ国、13億人、GDP3兆ドル以上が存在する」と同氏は語り、ブラジルとの協力の機会が「無数にある」と強調した。

2009年に4カ国でスタートし、翌年には南アフリカを加えて拡大したこのブロックには、40カ国近くが加盟に関心を示している。

サウジアラビア、エジプト、インドネシア、パキスタン、UAE、トルコなどだ。関係者によれば、今週のサミットには約50人の首脳が出席する予定だという。

加盟を希望している国々は、いずれも世界的な影響力を増している主要新興経済国である。また、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの国々を指す「グローバル・サウス」に位置する国々でもある。

ロシアのプーチン大統領はビデオリンクを通じてサミットに参加した。(AN Photo by Abdulrahman Shalhoub)

ロシアのプーチン大統領は火曜日、サミットで演説し、BRICS諸国は “グローバル・マジョリティ “の代弁者であると述べた。

「私たちは平等、パートナーシップの支援、互いの尊重という原則に基づいて協力し、これが私たちの連合の未来志向の戦略的コースの本質であり、世界共同体の主要部分、いわゆるグローバル・マジョリティーの願望を満たすコースである」と述べた。

BRICSが拡大を決めれば、世界の政治・経済情勢に大きな変化をもたらす可能性があり、第二次世界大戦後の世界情勢における米国と欧州の優位に挑戦することになる。

しかし、BRICSが拡大する前に解決しなければならない課題もある。

アナリストたちは、BRICSが成功するためには、すべてのメンバーが同じ目標と目的にコミットしていることを確認すること、欧米のライバルとみなされるブロックを作らないようにすること、拡大によって既存メンバーの影響力を弱めないようにすることが必要だと考えている。

サミットで議論されるであろうもうひとつの問題は、世界経済の脱ドル化の可能性である。これは、国際貿易と金融において支配的な通貨である米ドルから脱却するという考え方である。

「BRICSは、グローバル・ガバナンスの改革と多国間主義の推進において重要な役割を果たす極めて重要なフォーラムである」と、シリルラマポーザ南アフリカ大統領は述べた。(AN Photo by Abdulrahman Shalhoub)

近年、米国政府が自国に制裁を加えることを懸念する国が出てきたため、脱ドルへの関心が高まっている。中国とブラジルは最近、貿易関係を自国通貨で管理することで合意した。

しかし、脱ドル化は複雑で困難な問題である。世界の金融システムを大きく変える必要があり、実際に実現可能かどうかは定かではない。とはいえ、この対話だけでも、世界のパワーバランスに大きな変化をもたらすかもしれない。


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ