ニュース

【visualcapitalist】世界の次の 1,000 人の赤ちゃんはどこで生まれるでしょうか?/2022.8.19

【visualcapitalist】

2022.8.19

人口動態

世界の次の 1,000 人の赤ちゃんはどこで生まれるでしょうか?

この地図の高解像度バージョンを表示します。

出生率と人口推計に基づいて、次の 1,000 人の赤ちゃんがどこで生まれるかを示す地図

世界の次の 1,000 人の赤ちゃんはどこで生まれるでしょうか?

この地図の高解像度バージョンを表示します。

世界中で 4 分ごとに約 1,000 人の赤ちゃんが生まれています。しかし、これらの赤ちゃんは統計的にどの国から生まれる可能性が最も高いのでしょうか?

Pratap Vardhan ( Stats of India )によるこのグラフィックは、CIA ワールド ファクトブックのデータを使用して世界の人口動態を描き、2022 年の推定時点での人口と出生率に基づいて次の 1,000 人の赤ちゃんを迎える可能性が最も高い国を示しています。

次の1,000人の赤ちゃん、国別

インドの人口が約14 億人であることを考えると、リストの第 1 位にランクされるのは驚くことではありません。生まれた赤ちゃん1,000人当たり、およそ172人が南アジアの国で占められている。

注目に値するのは、インドがリストで第1位にランクされている一方で、この国の出生率(1,000人あたりの年間出生数の合計)は実際には世界平均をわずかに下回り、それぞれ16.8と17.7であることある

リストで2位の中国はインドと似ており、人口は多いものの出生率も比較的低い。一方、リストで 3 位にランクされているナイジェリアの出生率は34.2で、世界平均のほぼ 2 倍です。

なぜナイジェリアの出生率はこれほど高いのでしょうか?

さまざまな要因が絡み合っていますが、主な理由の 1 つは、ナイジェリア経済が依然として発展途上にあり、一人当たり GDP が世界第 131 位にあるという事実です。さらに、女性の教育へのアクセスはまだ十分に普及しておらず、これが高い出生率と強く相関していることが研究で示されています。

世界の人口増加率は低下している

世界中で毎日何十万もの赤ちゃんが生まれていますが、世界全体の人口増加率は実際には1960 年代以来低下していることは言及する価値があります。

これは、次のようなさまざまな理由で発生します。

  • 世界中で富の増加、出生数の減少と相関関係があることが研究で判明
  • 大家族を妨げる政府のさまざまな政策
  • 農村生活から都市生活への世界的な移行

2100 年までに世界の人口増加率は 0.1% に低下すると予想されており、これは実質的に人口増加が正味ゼロに達することを意味します。

これにより、世界の平均年齢はさらに上昇することになり、各国がこの人口動態の変化に適切に備えなければ、多くの経済的リスクが生じることになります。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ