ニュース

【TSS】「節水呼びかける」福山市・府中市に影響 芦田川水系で第一次取水制限/2024/12/30

【TSS】

2024/12/30

国土交通省福山河川国道事務所は、広島県東部の水源となる、芦田川水系2つのダムの貯水量減少に歯止めがかからないことから、あす31日午前9時から、農業用水、工業用水共に20%の取水制限を行うと発表しました。

国交省福山河川国道事務所によりますと、芦田川流域の水源となる三川ダムと八田原ダムの30日午前9時の貯水量は、あわせて1491万立方メートル、貯水率は42.5%(八田原ダム:32.3% 三川ダム:61.4%)で、過去10年の平均貯水量(2969万立方メートル)の、ほぼ半分となっています。(八田原ダム:32.3% 三川ダム:61.4%)

芦田川流域では、12月の雨量が平年の82%となる42ミリで、8月以降の雨量が少ないということです。

福山河川国道事務所は、あすの「第一次取水制限」に伴い、31日午前9時に「渇水対策支部」を設置し、今後に備えるとともに、利用者には節水への協力を呼び掛けています。


 

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ