ニュース

【jikayosha】60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要/2024/02/21

【jikayosha】

  • 2024/02/21

株式会社アントレックスは、ビークル事業として、超小型の電気自動車「EV-eCo」を発売した。現在予約受付中で、出荷開始は4月30日を予定している。

●文:月刊自家用車編集部

一人乗りの超小型電気自動車

 

好きな時に、好きなところへ行ける”自由”と、それを実現する”主体性”がテーマ。移動を楽しく、快適に、スタイリッシュにを実現すべく、アントレックスでは電気自動車を発売した。

●全長240cm
●幅112.5cm
●車高161.9cm
●ホイールベース:161.0cm
●車体重量:310㎏
●最高速度:50km/h
●連続走行距離:フル充電で約40キロ走行可能(道路状況・走行環境などで変わります)
●乗車定員:1名
●ブレーキモード(フロント/リア) :ディスク / DISC
●タイヤサイズ:フロント 125/65-12,リア 125/65-12
●モーター定格出力:0.59kw
●バッテリー:60V58.2Ah
●充電器:電圧/100V、出力電圧/60V
●電源:家庭用AC100V

生活を豊かにするという企業理念を基に「EV-eCoカーで一人でも多くの方に笑顔を届けたい」との願いから生まれたこの電気自動車は、現代社会において多くのメリットを持つ新たなモビリティだ。

 

左右どちらからも乗り込みが可能で、狭い駐車場でも好きなほうから乗り降りができる。
乗車定員は1名。後部には荷物を載せられる広々スペースあり。
後部カメラ搭載。縦列駐車もフロントモニタで確認しながら楽々。
一回の充電で40キロの走行が可能(積載重量、登坂等、走行条件で変わる)。

コンパクトなボディながら、室内広々。後部に買い物などの荷物を載せることが可能。
細い道も楽々。駐車も狭いスペースで大丈夫。電気走行なので排ガスはゼロ。
法律によって最高速度は時速60キロに制限されている。高速道路は走行不可。

パワーウィンドウ、天井サンルーフ付きなので、風通しがよく、爽快に走行できる。

彩り豊かな液晶モニター。
バックモニター付きで、駐車も安全。

特別な充電設備は不要で、家庭用100V電源で充電可能。

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ