ブログ記事

「ワクチンハラスメント」について

新型コロナ対策として、全国各地で進むワクチン接種ですが、福山市でも職域接種についても幾つかの企業で準備が行われています。

大規模接種も含め、ワクチン接種率が高まるなかで、新たな問題となりつつあるのが、ワクチンハラスメント、です。

ワクチンに対する副反応やアレルギー等懸念を感じて接種を希望しない市民の声についてもおうかがいする機会が増えてきました。
ワクチン接種は、あくまでも勧奨であり法律上は努力義務です。 接種を受けないことによる差別やいじめ、解雇等があってはならないと思います。

ワクチン接種は、コロナ感染対策上、現時点での選択として取られる有効な手段であり絶対的な方法ではないことを踏まえおく必要があります。

特に、子供達の接種については、不安を感じている保護者の声が少なからずあります。
個別に丁寧な対応が必要であり、コロナやワクチンに関わる客観的な情報を伝えながら、理解を深めていく事が大事です。

岡崎まさずみ


報道ステーションWebサイト


 

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP