ブログ記事

【備後トコトコ】バット 〜 定番から肉にこだわった料理、フレンチテイストの料理もそろうネオ大衆酒場/2022.08.07

【備後トコトコ】

 食べとこ / 2022.08.07

大衆酒場といえば、昭和をイメージするノスタルジックな印象がありませんか。

少し入りにくそうなイメージもあるかもしれません。

しかし福山駅前には、そんな印象とはちがった新しい大衆酒場 “ネオ大衆酒場”があります。

それが「大衆酒場 福山バット」。

大衆酒場や居酒屋でよく見かける定番メニューのほかに、フランス料理出身の料理長がつくったフランス料理の要素を取り入れたメニューがあるのが特徴です。

さらに肉料理の肉やタレには、強いこだわりがあります。

そんな大衆酒場 福山バットの魅力やこだわりを探っていきましょう。

記載されている内容は、2022年8月記事掲載時の情報です。現在の情報とは異なる場合がございますので、ご了承ください。

大衆酒場 福山バットのデータ

福山バット:外観

名前 大衆酒場 福山バット
住所 広島県福山市伏見町4-5
電話番号 084-982-5933
駐車場 なし
営業時間 午後5時〜午前0時
定休日
不定で日
火曜日が祝前日のときは営業し、水曜日を休業
支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • PayPay・au PAY
予約の可否
座席 全29席
・カウンター席:5脚
・2人がけテーブル席:6卓
・4人がけテーブル席:3卓
タバコ
トイレ
子育て 20歳未満は入店不能
バリアフリー 店内は車椅子入店可能だが、入口に段差あり(要介助者)
トイレは車椅子非対応
ホームページ 福山バット – F-crew公式サイト

道順を確認

福山バットは福山駅前・伏見町にあるネオ大衆酒場

福山バット:看板

福山バットはJR福山駅前・伏見町にある大衆酒場です。

伏見町は2018年(平成30年)ごろから、古い建物をリノベーションした店舗が続々と登場している、注目のエリア。

伏見町を東西に貫く、通称「ゴッサム通り」と呼ばれる道沿いに福山バットはあります。

ちょうど映画館「シネマモード」やゲストハウス&カフェラウンジ「AREA INN FUSHIMICHO」、コワーキングスペース「halappa」などがある藤本ビルディングの北側です。

また福山バットから北へ延びる道沿いには、ワインショップ「CHOISIR(ショワジール)」もあります。

福山バット:店頭

福山バットは、懐かしい雰囲気のなかに新しい要素を取り入れた「ネオ大衆酒場」と呼ばれる業態です。

こぢんまりとした店内にはカウンター席やテーブル席が並び、昭和の大衆酒場のように楽しくお酒や料理を楽しめます。

福山バット:店内

福山バットは、ワイワイと楽しみたいかたにピッタリ。

いっぽう出張で福山に来たかたや一人飲みしたい人なども、気軽に立ち寄れるのが特徴です。

テラス席もある
テラス席もある

なお福山バットは、喫煙可能店です。
二十歳未満は入店できませんので、注意してください。

福山バットのメニュー

2022年(令和4年)6月時点の情報。 価格は消費税込

2022年7月改訂のメニュー (提供:福山バット)
2022年7月改訂のメニュー (提供:福山バット)

福山バットでは大衆的な居酒屋料理に加え、フランス料理の要素を取り入れたオリジナル料理もラインナップしているのが特徴です。

福山バットのもうひとつの特徴は、肉料理には強いこだわりがあること。

厳選した肉を使った料理や、焼肉店で長年使用しているタレを使った料理などをラインナップしています。

レギュラーメニューのほかにも、日替わりの「本日のおすすめメニュー」もあります。

福山バット:メニュー

「本日のおすすめ」のなかにも、おいしそうなメニューが多数ありました。

福山バットに来たときには、「本日のおすすめ」メニューも要チェックです。

福山バット:メニュー

日替わりメニューのなかで、人気が高い商品はレギュラーメニューに昇格することもあるそうです。

お得なお一人様限定メニュー
お得なお一人様限定メニュー
ドリンクメニュー
ドリンクメニュー

注目は福山バットという店名にちなみ、バット(コウモリ)からドラキュラを連想させて生まれた「ドラキュラ酎ハイ」。

ドラキュラ酎ハイは、トマト風味の酎ハイです。

さらに「おやじのレモンサワー」も人気。

福山バット:おやじのレモンサワー

おやじのレモンサワーは、シジミ100個分のオルニチンが入ったレモンサワーです。

また2022年(令和4年)3月、福山市と漫画・映画『バットマン』シリーズに登場する街「ゴッサム・シティ」は、友好都市提携を結んでいます。

福山バットの前の通りも「ゴッサム通り」の愛称が付けられました。

それにちなみ福山バットでは、バットマンやゴッサム・シティに由来したメニューが登場しています。

そのひとつが、黒ビール「ゴッサム・ダークラガー」。

福山バット:メニュー

ゴッサム・ダークラガーは、福山バットと同じゴッサム通りにある「備後福山ブルーイングカレッジ」がつくっています。

国際ビール審査員で、ビールの醸造家である、備後福山ブルーイングカレッジの小畑昌司(こばたけ しょうじ)さんが開発しました。

ほかには「バットボール」や「ゴッサムボール」も。

福山バット:メニュー

バットボールとゴッサムボールについては、のちほど詳しく紹介します。

さらに福山バットには、こだわりのデザートもあり注目。

こだわりのデザート「手作りプリン」(308円)

手作りプリン」(308円)は、飲み喰いしたあとの最後に、口直しとして食べたいメニューです。

なめらかさにこだわった、自慢のプリンです。

包装のデザインなどにもこだわっています。

料理はスマホでオーダー

福山バットのメニューは、原則としてスマートフォンで注文するのがユニークです。

席に着くと、QRコードの記された紙を渡されます。

福山バット:注文方法

QRコードをスマホで読み取りましょう。


 

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP