ニュース

【中国新聞】【駅伝】箱根予選会、広島国際学院高出身の吉屋が笑顔のゴール 立大55年ぶり本大会へ/2022.10.15

【中国新聞】

2022.10.15

チーム8番手でフィニッシュし、立大の55年ぶり本大会出場に貢献した吉屋(手前中)

 【箱根駅伝予選会・15日】

 上位10人の合計タイムで6位に入った立大は、広島国際学院高出の1年・吉屋佑晟(ゆうせい)がチーム8番手でフィニッシュし、史上最長55年ぶりの本大会出場に貢献した。「通過する気で臨んだけれど、まだ実感がわかない」と初々しい笑顔を見せ、上野裕一郞監督を胴上げする輪の中に加わった。

 高校時代は1500メートルでインターハイ出場。「夏場からじっくりと走り込み、長い距離にも自信が付いた」という言葉の通り、15キロ過ぎからペースアップした。「ここからがスタート。本大会を走れる保証はない。もっともっと調子を上げていきたい」と意気込んだ。


 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP