ニュース

【リバタリアン研究所】ウクライナ、正統派上級聖職者を投獄、ロシアが釈放要求/2023.7.17

キエフはロシアにとって特別な存在ですのでウクライナが一つ間違うと宗教戦争となるかもしれません。またコンスタンティノープル総主教庁がウクライナ正教会の独立に関するトモスを発出するという憶測が出ているようですが、そうなればロシアの国家的アイデンティティが揺らぐため問題が過激的に複雑泥沼化する可能性があります。


【リバタリアン研究所】

2023.7.17

メトロポリタン パブロ

ウクライナ正教会(UOC)の幹部が公判前拘留された。聖職者メトロポリタン・パブロ氏は、親ロシア的すぎると思われる意見を表明したとして告訴されている。

キエフの裁判所は土曜日、パヴロ氏に禁錮刑を命じた。聖職者の保釈金は90万ドル近くで、公判前拘留は1カ月続く可能性があった。裁判官は、パブロ氏が裁判中に証人に接触したことで裁判所命令に違反したと主張した。ペトロ・レビドとしても知られるパブロさんは、証人となった人物を知らなかったと述べた。

4月1日、パブロは自宅軟禁された。当初は1か月の予定だったが、自宅軟禁は何度か延長された。パブロ氏に対する罪状には、憎悪を扇動し、ロシアによるウクライナ戦争を正当化したことが含まれる。

土曜日、モスクワはキエフに対しパブロの釈放を要求した。ロシア外務省のマリア報道官は、「私たちはキエフ政権による国際法的義務の厳格な順守、重病に苦しむパブロ首都圏首相の即時解放、そして彼に対する適切な医療の提供を要求する」と述べた彼女は、今回の逮捕は「(キエフによる)政治的恣意性と不法行為の新たな現れだ」と付け加えた。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は文化戦争を仕掛けた。UOC は「非ロシア化」キャンペーンの主なターゲットとなっています。12月1日、ゼレンスキー大統領は、キエフがロシアと関係のあるすべての宗教団体を追放しようとすると発表し、この動きにより「ロシア連邦の影響力の中枢に属する宗教団体がウクライナで活動することは不可能になる」と主張した。

キエフは資産を押収し、教会の幹部数名に渡航禁止を課すことで、UOC抹殺運動をさらに加速させた。さらに、ウクライナ警察による一連の強制捜査はUOCを標的とした。

ゼレンスキー氏の非ロシア化キャンペーンはUOCをはるかに超えて広がっている。キエフはメディアを国有化し、ロシアの歴史的人物にちなんだ公共の場所の名前を変更し、ロシア語で印刷された書籍を禁止し、ウクライナのロシア系住民を代表する政党を非合法化した。

 

カイル・アンザローネについて

カイル・アンザローンは、リバタリアン研究所のニュース編集者、Antiwar.com のオピニオン編集者であり、ウィル・ポーターおよびコナー・フリーマンとの利益相反の共同主催者です。

 

福山市のホームページその他外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ニュース > 2011/9~月別アーカイブ

▲知りたいニュースを上記の「カテゴリ選択メニュー」から選ぶことが出来ます。

フェイスブック-公式ページ