ブログ記事

2022年度福山市商店街活力向上事業補助金(空き店舗活用事業)について/2022年9月12日更新

2022年9月12日更新

商店街への出店において,感染症拡大防止対策に必要な設備,衛生用品の導入,

人との接触機会を減らすサービス等の販売促進に係る経費を支援します。

1.制度概要(空き店舗活用事業)

(1)補助対象者

 
・次の要件をすべて満たす者(交付決定をした場合でも,事業報告時に要件を満たしていない場合は対象外となります)。

・申請内容について,商店街組織等の関係機関や行政機関に確認を行う場合があります。

〇商店街の出店を計画する者

〇本市が指定するリノベーションまちづくり人材育成事業(詳細は下記参照)に参加した者

【これから実施する事業】

エリア価値創造フォーラム [PDFファイル/6.82MB]

【これまで実施した事業】

まちの空想俱楽部 [PDFファイル/1.6MB]

FUKUYAMA VOICE [PDFファイル/1.22MB](2022年3月19日開催のものに限る)

・リノベーションスクール@福山
(2018年2月 2日~ 4日開催) [PDFファイル/4.03MB]
(2018年8月24日~26日開催) [PDFファイル/874KB]
(2019年1月25日~27日開催) [PDFファイル/528KB]
(2020年2月14日~16日開催) [PDFファイル/936KB]

〇商店街組織等へ加入し,その活動に参加可能な者

(2)補助対象経費

・感染症拡大防止対策に必要となる設備及び衛生用品の導入に係る経費

・感染症拡大防止対策を踏まえた,人との接触機会を減らすサービス等の販売促進費

 

(3)補助金額・補助率

補助率 3/4  (上限30万円)

※応募者多数の場合は交付額が申請額に沿わない場合があります。ご了承ください。

(4)募集期間

2022年(令和4年)9月12日(月)~2022年(令和4年)9月30日(金)

※事業期間:2022年(令和4年)4月1日(金)~2023年(令和5年)3月31日(金)

(5)申請書類

(1)補助金交付申請書

(2)事業計画書

(3)収支予算書

(4)構成員名簿

(5)定款,会則,規約その他これらに類するもの

(6)見積書の写し

(7)市税完納証明書の写し

(8)その他市長が必要と認める書類

(6)注意事項

・手形・小切手,paypay等のキャッシュレス決済(クレジットカードを除く),各種商品券等の
金券により支払った経費は対象外となります。

・この補助金は,交付決定した事業費以外に使用できません。

・事業の内容または予算の変更をしようとするときは、市長の承認が必要です。

・事業を休止または廃止しようとするときは,市長の承認が必要です。

・事業が予定期間内に終了しないときまたはその遂行が困難になったときは,
早くに市長に報告し,その指示を受けてください。

・事業に係る関係書類は,事業年度終了後5年間保存してください。

・補助事業者は,事業完了後1か月以内または市の会計年度の末日のいずれか早い
日までに事業の報告を行う必要があります。

・事業に係る許認可等を得て実施すること。また、許認可等を受けた際はそのことを報告してください。

・その他福山市補助金交付規則及び本補助金の交付要綱の規定をよく守るしてください。

2.要綱・ちらし・様式

要綱 [PDFファイル/223KB]

チラシ [PDFファイル/169KB]

申請様式 [Wordファイル/50KB]

変更申請様式 [Wordファイル/47KB]

中止・廃止申請様式 [Wordファイル/41KB]

報告様式 [Wordファイル/45KB]

3.その他

世界バラ会議福山大会2025 または 福山築城400年記念事業 の周知にご協力をお願いいたします。
(例)ロゴの使用(手続きが必要),ちらし掲出 など

第20回世界バラ会議福山大会2025 大会ロゴの利用について

福山築城400年ロゴの利用(福山城築城400年記念協賛事業)について

   ※詳細については,産業振興課までご相談ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福山市のホームページなどの外部サイトへの「リンク」は、予告なく変更及び削除されることがあります。
掲載情報の詳しい内容については、各担当部署または関係機関へお問い合わせください。

ブログ > 2011/9~月別アーカイブ

フェイスブック-公式ページ

PAGE TOP